<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ISE, la terre sacrée
c0075562_1654273.jpgc0075562_16545277.jpg
| 外宮 | photo: sk |

伊勢には外宮、内宮、そして多くの別宮が存在する。
初めてのお伊勢参りは2008年の3月のことで、効率よく外宮〜内宮〜猿田彦神社〜月讀宮と回った。
今回は時間にも余裕があって、ふたつの「つきよみさま」月夜見宮、月讀宮を巡ることも出来、外宮・内宮、そして猿田彦神社は2日連続でお参り出来た。

月讀宮はそのアプローチと4つの宮がずらり並んだ様子がとても好きで、はっきりと覚えていた。
それから某ブログでも書かれていたのだけど、僕は以前より猿田彦さんという神様が好きで、この神社に行くのを楽しみにしていた。

猿田彦さんに興味を持ったのは、手塚治虫の「火の鳥」シリーズ(Amazonで大人買い)で、そこにしばしば登場する猿田さん、サルタヒコさんがきっかけだ。その後、神話の中で猿田彦さんは海で貝に手を挟まれて溺れ死んでしまう…とか、旅の神さま、あるいは天狗…といったような解釈も知って(詳しくはWikiで)ますます興味を持った次第である。

c0075562_17322361.jpg
| 月讀宮 | photo: sk |
c0075562_17334919.jpg

| 猿田彦神社 | photo: sk |

そんなわけで、神さまがたくさんいらっしゃる伊勢、五十鈴川は歩いているだけでとても気持ちよい。
それに伊勢うどんや赤福だけじゃなく、おいしいものもたくさんあるし…。
さて次に行けるのはいつになるんだろうかと今から楽しみにしている。

c0075562_17362015.jpg
c0075562_1737153.jpg
c0075562_1735538.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2010-11-22 17:46 | photo
ISE, Le Rayon de Soleil
c0075562_15162290.jpg
c0075562_15164960.jpg

| 伊勢神宮, ISE | photo: sk |

二度目のお伊勢参りはかねてよりの念願だった「朔日(ついたち)詣り」。
毎月一日の早朝に神宮にお参りして、おかげ横町の朝市でお粥をいただくという慣わしがあると知ってから、いつか訪れてみたいと思っていた。

先月の霧積からの帰路の車中、ヒロシさんとデッツさんおふたりの地元である伊勢の話題、「次はどこに旅しようか?」という話題が重なって、「ぜひ伊勢の朔日詣りを案内してほしい」という図々しい申し出が実現して、11月1日の伊勢行きが決定したという次第。
その旅の詳細は次号のhoneyee.magで。

その朔日詣りの翌11月2日の朝もひとり日の出の前から神宮へ向かった。
空気は冷たく、気が引き締まる。
御正宮の前に着いた頃、ちょうど日の出を迎えて朝陽を浴びる。

御正宮をお参りした後、荒祭宮へ向かう参道からは正宮を斜め後ろから拝むことが出来る。
ちょうどそのお社の後ろから木々の間を抜けてくる強い朝陽。
太陽の神様である「天照大神(あまてらすおおみかみ)」を祀るだけあってか、そこで目にしたものは今までに見たことのないような光の輪。
シャッターを切ったら嘘みたいに丸く輝く光が何枚も写っていた。
(つづく)

c0075562_1517459.jpg
c0075562_1516329.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2010-11-19 21:12 | photo



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧