<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
OLT 2ème saison
c0075562_1154234.jpg
c0075562_1155518.jpg



Olympia Le-Tanのブック・バッグ・シリーズ、シーズン2。
第一期発表直後、某・スペードに酷いコピーをされたけど、Olympia Le-Tanの現物を見ればそのクオリティの差は歴然。タグには「Hand Made in France with Love」の文字。
chez colette
by cherchemidi | 2010-07-21 11:09 | à la mode
Photo du Jour
c0075562_1943991.jpg

| photo: sk |

パリ6区、夏の少女。
by cherchemidi | 2010-07-19 19:43 | photo
Photo du Jour
c0075562_1553614.jpg
c0075562_1554795.jpg
c0075562_1555755.jpg

| Longchamps | photo: sk |
by cherchemidi | 2010-07-18 15:06 | photo
400 ans de la mort de Henri IV
c0075562_14551285.jpg

| photo: sk |

深夜、Pont Neufを渡っていたら、まるでスターウォーズのライトセーバーを持たされたような銅像。それもネオンで縁取られたような柵まで。なんでもフランス王、アンリIV世没後400年を記念したディスプレイなんだとか…。
by cherchemidi | 2010-07-18 14:59 | photo
by the numbers
c0075562_1334471.jpg
c0075562_1332979.jpg

| JAMAICA | photo: sk |
by cherchemidi | 2010-07-17 01:36 | de la musique
branco et coco
c0075562_23325437.jpg

| Laurent Brancowitz par Shoichi Kajino |


c0075562_23333487.jpg

| Shoichi Kajino par Laurent Brancowitz |


忙しいスケジュールの間、ブランコとは2回もサンジェルマンで会えた。

「最近はクロサワの映画を古いのから順番に見ている」
「日本の美の観念で最近気になっているのは『侘び・寂び』」

と語るブランコ。

「次こそニューヨークで会おう、USA is waiting for you!」

と10月、彼らのマディソン・スクエア・ガーデンでのライヴに誘われるも、「I don't think so … ジュヌポンスパ…」。


c0075562_23353998.jpg

by cherchemidi | 2010-07-15 23:35 | photo
l'été de Paris, de 1990 à 2010
2010年、夏のパリ。
1990年、夏のパリ。

この季節のパリに特別な想いがあるのは、他でもなくはじめてこの街を訪れたのがこの季節であったからに違いない。
今よりひとまわり大きかったサイズの、僕にとっての初めてのパスポートを見直して発覚したのだけど、正確に僕が初めてこのパリの地を踏んだのは19歳最後の瞬間、1990年の7月だった。さらには20歳の誕生日であった8月のその日に、パリを発ってカレイの港からドーバー海峡を渡ってロンドンへと向かっていることが判明した。果たしてそれがどのくらいまで計画的であったかどうか今となっては思い出せないのだけど、僕はパリとロンドンを結ぶドーバーの船の上で寝ぼけ眼のまま20代最初のバースデイを迎えたというわけである。

さて、その初めてのパリでいまだ印象深かく記憶に残っているシーンがいくつかある。まずはシャルル・ドゴール空港に降り立ったときの眩しく強い夏の夕暮れの光。そしてルーヴルの前に立ち、チュイルリー公園、コンコルドから凱旋門までまっすぐ一直線にのびたシャンゼリゼを見た時の感動。そそれから、グランパレの脇を歩いてたどり着いたアレクサンドルIII世橋やセーヌ川は今よりずいぶん大きく見えたように覚えている。

実はその旅は、当時の憧れの地であったロンドンへの旅のついでに、せっかくならパリにも立ち寄ってみては…と、誘ってくれた大学の仏文科の友人の計画によるものだったのだが、僕は初めて踏んだ異国の地となったこの美しいパリで、まんまとその虜になってしまったという訳である。そんなわけだから、この旅に僕を連れ出してくれたその友人には今でも強く感謝している。

もちろん当時、ゴダールやらカラックスによって予備知識としてのパリへのあこがれはすでに植え付けられた後ではあったものの、果たしてそんな「あいまいなあこがれ」だけでパリを訪れた当時の僕に対して、「本物の」パリはあまりにも美しくあまりにも甘美であった。

20年前、当時の僕には、その後に自分がこの街で仕事をするようになるとも、この街に(東京より)たくさんの友人が出来るとも想像もできなかっただろう。もちろん。
パリは得てして他所からの訪問者には冷たいけれど、その愛が届けば、時に偶然とは思えないような奇跡を見せてくれることだってある。
やわらかくつながってきたたくさんの人々との出会いや、この街がときどき見せてくれた数々の奇跡に感謝しながら、そんな想いで、2010年、僕はこの街の夏を歩いている。


le 14 juillet 2010 
by cherchemidi | 2010-07-14 06:59 | monologue
Mon 20ème été à Paris.
「パリ、僕の20年目の夏」

c0075562_19061.jpg
c0075562_1903780.jpg



僕にとっての20年目となるパリの夏。毎日が暑い。
19歳の時に初めて訪れたこの街は、20年経ったいまでも僕を魅了してやまないでいる。
多くのものが変わってしまったようにも感じるし、多くのものが何も変わらないままでそこにあるような気もする。この街にあふれる魅力は何度訪れても何も変わらないし、僕はいまだセーヌを渡るたびに得も言われぬ高揚感に襲われる。
よく「これまでいったい何度パリに行ったの(来たの)?」といったことを聞かれるのだけど、正直なところこれまでのパスポートを見ても数えらきれないし分からない。(なんといっても最近までフランスの税関って入国/出国のスタンプ押してくれなかったからね…)

なにより、そんな大切な今年の夏は、長い時間をこの街で過ごせる機会があってとてもうれしく思う。

c0075562_1914963.jpg
c0075562_1911242.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2010-07-04 19:08 | monologue



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧