<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
FILM SOCIALISME
c0075562_3155874.jpg

| "Film Socialisme" un film de Jean Luc Godard |

17日、カンヌ映画祭の「ある視点」部門で披露されたゴダール監督の新作「FILM SOCIALISME」。
2004年の「アワーミュージック」以来待望の新作が公開されるということよりも、監督本人がカンヌ映画祭に姿を現さなかったことが、騒ぎになっているようだ。なんでも監督からの釈明は「"empêchement de type grec"(ギリシア的な支障)」という簡潔かつ意味深な表現にとどめているというのだ。(ギリシア・タイプの障害って、まさか経済的理由ではないだろうけど…)

さらには本作は、本日19日からフランスでは劇場公開されたそうだが、そのオフィシャルサイトの予告編は、100分に及ぶその映画全編を高速に回し70秒程度に圧縮したもので、すでに「全てを観せている」のである。
極めつけは、公開と同日にヴィデオ・オン・デマンド(VOD)でネット配信もするという。(FILMO TV限定でオンライン)

重ね重ねのエピソードにこの数日ネットのニュースやラジオでもゴダールの名が騒がしく繰り返されていて、そのなんとも現代的で戦略的ともいえる「攻め」の姿勢はまさしくゴダール的でうれしくなった!

さて、騒ぎは大きいけれど、果たしてこの映画をスクリーンで観るために映画館に行くかと言われれば、それは別の問題かもしれない。100分で観ようが70秒で早回しで観ようが、今のゴダールの映画に関しては「観た」という事実に変わりはなさそうだから…なんて書くと次々と非難の言葉を浴びせられそうだから、「一日も早くこの敬愛する監督の新作映画を日本語字幕で観れるのを期待しています。心から」、とまとめることにしておこう。
by cherchemidi | 2010-05-20 03:05 | j'aime le cinema
Bad Romance
c0075562_1624618.jpg
c0075562_163812.jpg

| photo: sk |

遅ればせながら、M·A·Cのパーティで光臨したLADY GAGA。撮影に。
ほとんど「怖いもの見たさ」のような気持ちで2時間スタンバイ。
そのキワモノ紙一重なその奇妙なステージ演出…。あのウサギちゃんに見覚えがあると思ったら、アヴァンギャルドなパーフォーマンス・アーティスト、テレンス・コーによるものだった。
by cherchemidi | 2010-05-18 16:07 | de la musique
Manet et le Paris moderne
c0075562_3483335.jpg



これも少し前の話になるが、丸の内に三菱一号館美術館が開館して最初の記念展である「マネとモダン・パリ」展を訪れた。


c0075562_4263066.jpg


今回の展示の中心はポスターにもなっている「ベルト・モリゾ」である。そしてタイトルの通りそのマネの生きた同時期のパリの都市や風俗を描いた作品や資料が並び、多角的に楽しめる展示会であった。例えば、オルセー蔵のエドガー・ドガの繊細なバレエもの「オペラ座の稽古場」にも再会できて感動した。



マネといえば、やはり以前も書いた()「草上の昼食」だろう。今回は残念ながらその展示はなかったのだけれど、さらにその不思議な魅力に満ちた作品のことを調べていたら、モネやセザンヌが同じ題目で作品を描いたり、ピカソが執拗にオマージュを描いたりという以前に、マネのそれ自体がティツィアーノの「田園の合奏」とラファエロの「パリスの審判」をリミックスしたものだったという事実を知る。

こういうことって高校の美術の時間でも習わなかった…。
絵や彫塑の実習も大切だったと思うけれど、若い時期に「美術の読み方」のようなものを教えてくれる大人に出会っていたら、もう少しクラシックな絵画にも興味が持てたかもしれない。

美術の教科書に載っているような絵画でいえば、昔はピカソやマティスしかピンと来なかったような気がするのだが、最近はマネやらモネ、ルノアールなんかを観ても、ひどく感銘を受けるようになってしまった。これは齢を重ねて「ものが分かる」ようになったというのか、一般的な感性に順応できるようになったのか、はたまた時代の印象派ブーム(笑)に敏感だっただけだろうか。とにかく今年は東京でもそういう展覧会が多くて楽しみである(逆にオルセーの壁には空きが多そうな気もするが…)。


(そういえば、モネの大きな蓮に直面した2月の直島、地中美術館のエピソードもそれ以降書いていませんでした…)
by cherchemidi | 2010-05-18 04:28 | et cetera...
Shanghai Rhapsody
しばらく時間が経ってしまったけれど、上海の写真…。
朝の散策でいろいろ歩き回って、観光地らしき「豫園」に辿り着いた。

c0075562_155509.jpg
c0075562_1395354.jpg
c0075562_1401755.jpg
c0075562_1404298.jpg
c0075562_141443.jpg
c0075562_1412520.jpg
c0075562_1425438.jpg
c0075562_143115.jpg

| photo: sk |

奥のひっそりとした茶室でひとりお茶を頂いた。

その朝、そこを訪れていた半数以上は欧米の方々であったが、果たして彼らが日本の庭や古寺を見て、この中国の様式とどのような違いを発見できるのであろうか。確かにそこには日本の様式の源流があるのだろうが、やはり日本人の目で見れば、すでにそれらはオリエンタル、エキゾチックというムードを醸し出して映る。
たとえば「朱」や「赤」の微妙な違いなんかは、きっと言葉の訛りのように「ネイティヴだから分かる」ような差なのかも知れない。
by cherchemidi | 2010-05-17 01:56 | photo
Boggie Back, Ce Soir
c0075562_02583.jpg



スチャダラパーの20周年記念の日比谷野音へ。
ファンや関係者には申し訳ないのだけど、まったくスチャダラの洗礼を受けないまま青春時代を過ごしてきた自分にとっては、唯一の接点はやはり小沢健二との「今夜はブギー・バック」だけであった。

小沢くん(あえての「くん」)がソロ復活ツアーを目前に、10数年ぶりに公衆の面前=ステージに登場して「ブギー・バッグ」を歌うというのを聞きつけて、こんな僕にはまったく僭越なんだけど、その一大イベントにおじゃまさせて頂いた。(ありがとうございました!)
15時30分から20時までほぼ4.5時間、続々登場する豪華ゲストを交えてのステージの最後の最後、もったいぶった末に本当に登場した小沢健二。

確かに「その頃の僕らといったら いつもそんな調子だった」し、「心のベスト10第一位はこんな曲だった」のかも知れない。

そんな10数年先を見越したような歌詞を少しうわずったような歌声で聴きながら、僕らに訪れたのは、なんといっていいのか、奇妙な懐かしさと気恥ずかしさに包まれるレイド・バックな瞬間であった。

相変わらず線の細い王子様は、変な色合いのアルディのハイカット・スニーカーを履いている。
こんな調子で復活の第一幕を飾った小沢健二、さて1ヶ月後の渋谷NHKホールは、どんな気構えで臨めばいいのだろう。

c0075562_0524836.jpg

by cherchemidi | 2010-05-10 00:53 | de la musique
le petite livre rouge
c0075562_23102.jpg


——上海と小さな赤い本をめぐる回想

今回の旅で、特に「MADE IN CHINA」の何かを買って帰りたいという欲求はなかったのだけど、どうしても手に入れたかったのはあの「小さな赤い本」=毛主席語録である。

何を隠そう中華人民共和国の赤い旗の下、僕の頭でリピートしていたのはClaude Channesの歌う「Mao Mao」。他でもないゴダールの「LA CHINOISE(中国女)」のタイトルトラックだ。
なかでも少女のか細い声で歌われる

C'est le petite livre rouge
Qui fait que tout enfin bouge

(いよいよ全てを動かし始めたのは その小さな赤い本であった)

というくだりが頭にこびりついている。
(YouTube)

好きなのはなにもその歌だけではなく、ゴダールの「赤」にこだわった「中国女」全てを、ほとんど盲目的に好きなのだ。
もちろん、その映画を初めて観たときから、一度だってちゃんと毛沢東語録を読んだことはなかったし、さらに67年に公開されたその「赤」の映画が、果たしてどれほど68年の5月のパリを予見していたのか?それさえ未だ分からないままなのであるが。

c0075562_157131.jpg
c0075562_159415.jpg


どこに行けばその赤い本は見つかるんだろうと、旅の間、漠然と思っていたのだけど、最終日の午前中にLV社御一行様(なんともその中心はヴィトン家5代目、パトリック・ルイ・ヴィトン氏であった!)に同行して連れて行ってもらった骨董街のあちらこちらでその赤い本を見つけることが出来たのだ。中国語やロシア語だけでなく、英語から日本語まで世界各国の言葉のエディションがある。

c0075562_224676.jpg
c0075562_221991.jpg
c0075562_220487.jpg


本来ならまとめて50冊でも100冊でも、トランクに入りきるだけの「赤い小さな本(フランス語版)」を買って、我がアトリエの白い本棚をその小さな赤い本で満たしたかったのだけれど、そもそもフランス語版を見つけるのは、容易くはなく、結局1冊だけをトランクに入れて持ち帰ることにした。
小さいながらも偉大な毛沢東思想の詰まったその赤い本を、フランス経由、あるいはヌーヴェル・ヴァーグ経由で「赤」という色だけに変換してしまうのは、本来のこの本の使用目的ではないにせよ、僕の回路では至極当然であった。

そもそもなぜ共産主義や社会主義は「赤」で象徴されるのか、それもググってwikiって調べたら、なんともその起源はフランス革命に端を発していたという事実も知ることが出来た。

ある午後、次の予定まで2時間ぽっかり時間が出来たからと、地図も持たないままの散策でさまよった挙げ句、最後に到達してしまったのは「中国労働組合書記部旧址陳列館」。もちろんその天には翻る赤い旗があったときには何らかの必然を感じてしまった。

c0075562_212542.jpg
c0075562_205627.jpg





2010年、いまやこの「小さな赤い本」で再び世界は逆さに動きだす…とは思えないのだけれど、1968年のフランス経由でずいぶん左に偏った中国観をもった僕の本棚にはなかなかしっくり収まった。

c0075562_23253.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2010-05-08 02:05 | monologue
Shanghai Rhapsody
c0075562_124114.jpg



上海。
万博開幕直前に沸くその街にLouis Vuittonの大型店が2店舗同時にオープン、さらには万博会場のフランス館でもLouis Vuittonによるプレゼンテーションが大々的に行われるということで、HF氏、鈴木編集長とともに記録係としてご招待頂いた(その記事は近々ハニカムで)。

当然ながら、僕にとって中国本土の地を踏むのは初めてである。
その最初の機会が万博開幕直前の上海、それもフランスのブランドからのご招待というのは、とても幸運である(なにしろあの広い万博会場で、唯一我がフランス館にだけ行けばよいというのであるから)。
Grand Merci pour LV!!!

c0075562_136786.jpg
c0075562_1364841.jpg



到着直後の万博会場のプレス・ツアーからはじまって、思った以上に多くのイベントが詰まっており、有り難いことにトランスポートまで全て手配してくれていた。
そんなわけで実際に町を歩いて見る時間は限られていたのだけれど、上海で最も高いビルの高層階にあるリュックスなホテルを用意して頂いていたおかげで、毎朝、早朝になると遮るもののない角度で朝日が差し込んで否応なく目を覚まさせてくれる。
6時に起床、集合時間までのたっぷり朝の時間を、カメラを片手に散策に充てることが出来た。

c0075562_2493866.jpg
c0075562_2492810.jpg


とりあえずはホテルの部屋からだとガスに霞んで見える下界へ降りて、アリンコのような歩幅で地下鉄の駅らしき方向を目指し、なんとか切符を買いながら地下鉄に乗りこみ、いくつか先の駅で当てずっぽうに降りてみる。「人民広場」、いかにも町の中心のような駅名じゃないか。

町に出てとにかく感じたのは埃っぽい空気だ。
スモッグのようなガスなのか、至る所で行われている工事でまき散らされる埃なのか、はたまた黄砂なのか、とにかく埃っぽい。
地上87階のホテルのラウンジからは、晴れた日でさえ下の方がぼんやり霧がかかったように見える。

それから「人が多い」という月並みな印象は、東京から来た者にとっては正直それほどの驚きではなかったけれど、その人がなんだかパワフルである。話し声の大きさや身振り手振り、信号は守らないで突進して来るわ、列を作れないで突進して来るわ、一人一人というよりも、団体としての「民力」のようなものがすごくてそのパワーに圧倒されそうになる。
まだまだ市民が「シビライズド」されていないというのは、なんとも上からの目線の感想ではあるけれど、数日過ごしているだけで、やっぱりそう感じないではいられない場面に何度も遭遇する。


ただしその違いこそ、僕が今回の上海を楽しく見れた一番のポイントである。
誰が決めることか知らないけれど「インターナショナル・スタンダード」というものがあって、それに照準を合わせてグローバルに「シビライズド」されてしまった中国の市民の歩く町を見ても、きっと何も面白くないだろう。


とはいえ、今の上海は全くの世界と肩を並べる資本主義都市である。
ものごとは全てお金で動いていて、実際(本物の)Louis Vuittonのバッグも本物の値段でバンバン売れている。
この世界の状況にあっては、逆にその消費の勢いの方が不自然な感覚さえ覚える。(一方で僕が上海で使ったお金は1万円以下であった)
マクドナルドのハンバーガーの味を教えられ、スターバックスをショートだのトールだの注文している。PAULのサンドイッチも買える。
H&MもZARAもユニクロも軒を揃えてMADE IN どこかの洋服を売っている。やっぱり世界は強引にもフラットに押し広げられている。
現代の中華人民共和国の共産主義って何なんだ? 国家が統制する資本主義って何なんだ? そういうことが頭の片隅で気になりながら、赤い旗の下で何日かを過ごした。

c0075562_333981.jpg
c0075562_2503555.jpg
c0075562_137669.jpg


そんなフラットな町の様子の反面、噂には聞いていたが、実際に中国では「Facebook」にも「Twitter」にもアクセスできなかった。さらにあろうことか、僕のこのblogにもアクセスが出来なかったのである(もちろんずいぶん偏ったレイシスト的思想と趣味で綴られたログだから仕方ないのだが…)。
おかげで、というわけではないけれど、ずいぶん「オフ」の状態に慣れて、あるいは「オン」に戻るきっかけさえ失ってしまいそうになっていた。
blogもしばらく書かないと、なかなか書きだすきっかけが持てないし、Twitterも何をどうコミュニケートしていいもんだっけと、口を閉ざしたままになってしまったわけだ。

(というわけで少々のエクスキューズとともに、上海の日々…つづく)






(おやつ)
c0075562_343571.jpg

by cherchemidi | 2010-05-07 03:07 | monologue



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧