<   2010年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
cirque d'hiver
3区、Filles du Calvaireにある「CIRQUE D'HIVER」(冬のサーカス)。
その名とは異なってそのサーカス小屋はテントなんかじゃなく常設の立派な建物である。
150年もの歴史があるというから驚きだ。

c0075562_219145.jpg
c0075562_2193326.jpg



ファッション・ウィークはほとんどこの北マレ周辺にいるし、以前から縁のあるFilles du Calvaireの駅の目印にもなる大きなサーカス小屋はずっと気になってはいたのだが、ついにこの週末、パリでの展示会をお手伝いさせてもらっているroargunsクリューとそのサーカスを観に行くことになった。

ライオン、ピエロ、白馬、空中ブランコ…、クラシックな会場でのクラシックなサーカス。「シルク・ドゥ・ソレイユ」ほどの一大スペクタルではないけど、ピエロが子供たちを笑わせるような典型的なシーンはどこか懐かしくさえある。
(さらに馬に関しては、おととしの「Zingaro」の素晴らしき記憶があるから、なんともいえない…)

c0075562_2323514.jpg
c0075562_2194821.jpg
c0075562_220473.jpg
c0075562_2202451.jpg



チケットは連日完売で、週末の夜のチケットをおさえるのは容易ではなかったほどだったが、途中休憩もはさんでたっぷり3時間弱、その人気もうなずけるエンターテインメントの古典を楽しんだ。
by cherchemidi | 2010-01-27 02:24 | et cetera...
Air France Obsession
c0075562_19165875.jpg



「AIR FRANCEに乗った、ひさしぶりに」というのは、フランスかぶれにあるまじき発言であるのだが、これは事実である。
マイレージの問題だけではない。実際のところ、数重なる「オーバーブック」などの被害を被ってきた身としては、日本とフランスの往復には日本の航空会社のほうが安心という結果に落ち着いた。それでもやっぱり時々はAIR FRANCEに乗る。

ミラノ=パリの移動で乗ったAIR FRANCEでは搭乗するなりイタリア語よりまず先にフランス語のアナウンス、という時点で安心してうれしくなったのだけど、さらにそのアナウンスが終わって離陸前に機内で流れていたのはKings Of Convenienceの「24-25」だったし、到着してすぐに流れたのはAIRの「Sing Sang Sung」だった(うそじゃないよ)。


それから(初めて知ったように書くけど)ミラノというのはイタリアのずいぶん北の方にあって、ほんのすぐ北にはもうフレンチアルプスの高い壁がそびえている。
ミラノを飛び立ってすぐに眼下の厚い雲の間にから壮大なフレンチアルプスの姿が広がったのを目にしたときは感動した。
いつかその偉大な山々を、上からじゃなく、タカシホンマのように間近でシャッターを切ってみたいものだ。
これは僕だけじゃないようだけど、なんだか去年辺りからやたらと「山」が気になる。
タカシホンマやヒロキナカムラという文脈から「山が気になる」…なんていってしまうのはなんというか、まあ、表層的すぎるのは分かっているけど。(ぼくが、串田孫一で「山」じゃあないでしょう)


c0075562_19434587.jpg
| photo: sk |
by cherchemidi | 2010-01-23 19:45 | et cetera...
Les Meilleurs Album des Années 2000s
年末年始、全然時間がないままでというエクスキューズとともに、昨年末、なんとなくカルネに書き出しはじめた2000年代の愛聴アルバムをあらためて20数枚にしぼってみた。BEST OF THE DECADE 2000s.
順不同。同一アーティストは一枚のみ…と思ったけど、PHOENIXとAIRは全部入れたいくらいにしぼりきれませんでした。
(Amazon)(iTunes)のリンクをつけときます。


c0075562_23222122.jpg
| PHOENIX "UNITED" (2000) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_23354172.jpg
| PHOENIX "Alphabetical" (2004) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_05550.jpg
| DAFT PUNK "Discovery" (2001) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_0104451.jpg
| AIR "The Virgin Suicides" (2000) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_011019.jpg
| AIR "10,000 Hz Legend" (2001) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_0182091.jpg
| Sebastien Tellier "Sexuality" (2008) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_025231.jpg
| Henri Salvador "Chambre Avec Vue" (2001) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_029283.jpg
| Charlotte Gainsbourg "5.55" (2007) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_0323381.jpg
| Benjamin Diamond "Strange Attitude" (2000) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_040313.jpg
| Mr. Oizo "Lambs Anger" (2008) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_0432165.jpg
| JUSTICE "†" (2007) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_0494658.jpg
| Bertrand Burgalat "The Sssound of Music" (2000) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_053683.jpg
| Gonzales "Solo Piano" (2005) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_0565687.jpg
| Feist "Let It Die" (2004) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_1554032.jpg
| MOCKY "Saskamodie" (2009) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_161735.jpg
| MIRWAIS "Production" (2000) |
(Amazon)

c0075562_1114824.jpg
| Chicks On Speed "Will Save Us All!" (2000) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_1155624.jpg
| Antony and the Johnsons "The Crying Light" (2009) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_1221760.jpg
| Kings Of Convenience "Quiet Is The New Loud" (2001) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_1342066.jpg
| The Whitest Boy Alive "Dream" (2006) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_139086.jpg
| Sean Lennon "Friendly Fire" (2006) |
(Amzon)(iTunes)

c0075562_19502039.jpg
| Devendra Banhart "Cripple Crow" (2005) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_141452.jpg
| Vampire Weekend "ST" (2008) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_158521.jpg
| The Virgins "ST" (2008) |
(Amazon)(iTunes)

c0075562_225874.jpg
| ZOOT WOMAN "Living in Magaizne" (2001) |
(Amazon)(iTunes)
by cherchemidi | 2010-01-23 00:21 | de la musique
les marionnettes
c0075562_1654910.jpg
| photo: sk |


日曜日の午後、フェニックスのブランコから電話があってソルボンヌで会った。
昨年の秋のZENITH以来の再会。冬の朝の太陽が素晴らしい日で、僕はそれだけでとても良い気分だったのだけど、カフェで二人でとりとめもない話をしていると、ラジオからクリストフの60年代の名曲「マリオネット」(iTunes)が流れてきて、ふと会話を止めてしまった。



以下、「マリオネット」から連なってあふれる、おぼえ書き程度のエトセトラ。

クリストフといえば、今も“現役の”偉大なアーティストである。テリエが彼の「La Dolce Vita」(iTunes)をカヴァーしたことで、再度脚光を浴び、テレヴィでも夢のような共演を果たし(YouTube)、去年の夏にはヴェルサイユのあの噴水でコンサートも披露している。それをサポートしたのはなんとHOUSSE DE RACKETの二人だったのにも驚いた。
あるいはその“現役ぶり”は最近、Le Baronで若きパリジェンヌを周りに配し、シャンパーニュを飲む姿(一瞬、内田裕也氏とかぶるスターぶり…)でも確かめられた。

とはいえ本当のところ、長らくゲンスブールを唯一神のように信仰してきたような僕にとって、その再発見はずいぶん遅く、それは明らかに友人のマーク=テシエとジャン=マリーのおかげであったことも追記しておく。

そういえば日本でも少し前、彼の「Aline」(iTunes)が、突然テレヴィから流れてきたのには驚いた。それはブラッド・ピットが主演のSoftBankのコマーシャルで、ケータイを片手に海辺でドタバタを引き起こすそのさまは、明らかに「ジャック・タチの世界」そのものだったのにもさらに驚いたものである。(検索力不足でYouTubeで発見できず)


そんなクリストフ「Aline」と『僕の伯父さんの休暇』…という組み合わせに激しく反応していたら、監督は(かつては僕の大の苦手だった)フランスかぶれ・ハリウッド代表のウェス・アンダーソンだったと知って納得し、ますます彼に興味を持ったものだ。

このコマーシャル・フィルム「SoftBank~ブラピの伯父さんの休暇」に関しては、去年春「シネマテーク・フランセーズ」でのジャック・タチ大回顧展「DEUX TEMPS, TROIS MOUVEMENTS」(すばらしいキュレーションで面白かった!)で、タチに影響を受けた映像がまとめて流れる中でももとりあげられていた。ちゃんとウェスのインタヴューまでとってあったのである。

日本のケータイ会社がハリウッドの気鋭の監督を使って作ったあんなタチのオマージュのようなコマーシャルを見たらずいぶん驚くだろうと、会場でスクリーンを観ていたタチ好きのフランス人を見回してみた。

(そういえば、スパイク・ジョンズもSoftBankのコマーシャルやってるんだってね)

そう、そういえばどこでも書く機会がないままだったけれど、そのシネマテーク・フランセーズでのジャック・タチ大回顧展は本当に素晴らしく楽しかった。僕はそのせまい会場で気がつけばじっくり数時間は過ごしてしまったほどだ。

というわけで、今日はクリストフからジャック・タチににわかにスライドする、僕のフランスへの想いを残しておきました。

(写真はまた後で追加します…)
by cherchemidi | 2010-01-22 16:22 | et cetera...
Voyage en "2ème classe"
c0075562_3361613.jpg
| photo: sk |

ベイクルーズの「2ème classe」さんから今年15周年というアニバーサリー・イヤーにあたって、スペシャルなカタログを…というお話を頂きました。半年間で4つのカタログ。
そんなわけで、今回2010 S/S のアートディレクションおよび撮影をさせて頂くことになったテーマは「VOYAGE en DEUXIÈME CLASSE」。

その第一弾のカタログが店頭に到着した模様。

第一回目のテーマは「Manhattan Coast」。
カタログというよりは毎回いろいろな印刷物がどっさり入ったエンヴェロップという仕様の予定です。
数に限りはあるようですが、是非お近くのお店でお手に取って頂ければ幸いです。
by cherchemidi | 2010-01-21 03:45 | à la mode
(vie héroïque)
c0075562_5385359.jpg
| photo: sk |

明日、いよいよ公開される「GAINSBOURG - Vie Héroïque」
パリの街はそのポスターであふれているし、会う友人、知人、だれもがこの映画の話題を持ち出してくる。

今回はヴェルヌイユ通りのセルジュ家の斜め向かいのホテルに泊まった。自分でホテルを決めて予約できるときは可能な限りここに泊まることにしているのは、他でもない、あの壁の向こうに隠された秘密のジャルダンが、上からのぞき見られるという理由からで、予約の際には「なるべく上の階、通りに面した部屋」を注文するのを忘れない。

今週、この映画の影響か、その家の壁を撮影するツーリストの姿をよく見かける。

さて、この映画の公開に先立って公開前夜の「プレヴュー」に誘ってもらった。ありがたき幸せ。メルシー! 「メ…、でも僕はまさにその一日だけパリを空けているんです…」。 ああ、こんなことがあるだろうか?

とはいえパリの友人たちのこの映画の期待は決して大きいわけではない。
「絶対によくないに決まっている」「予告編だけであれだから、きっと失望するだろう…」「特殊メイクで鼻や耳を大きくした俳優がセルジュだなんて…」「伝記映画を作るのは早すぎる」といった具合だ。
さらにシャルロット・ゲンスブールも公開される前から「私はその映画を観ないと思う」と公言している。彼女の場合は僕らファンとは違って「父親が主役の映画」(自分も出てくる)という特別なケースだけど。
どちらにしても公開前にこの映画に対してあまりよい評判は聞かない。

さらにジェーン・バーキン役を演じた女優(ルーシー・ゴードン)は撮影が終わった後、謎の自殺を遂げている。
完成前から呪われた映画のようじゃないか。

まあそれでもきっと友人の多くは今週それを観に行くだろう。もちろん僕も時間を見つけて行くつもり。
エンドロールで流れるのは「馬鹿者のためのレクイエム」じゃなくて「ジャヴァネーズ」だといいな。


c0075562_539931.jpg
| photo: sk |
by cherchemidi | 2010-01-20 05:39 | j'aime le cinema
Photo du Jour
c0075562_15392668.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2010-01-18 15:40 | photo
n'importe quoi
ながらくの忙殺スケジュールとTwitterのつぶやきで、blogを更新できなていなかったけれど、パリに向かう飛行機でいろいろ考えたこと。ヴェルヌイユ通りとバック通りの角からアップしておきます。

c0075562_15393953.jpg




ジェーン・バーキンの「Quoi」という曲を初めて耳にしたのは、80年代、当時のテレヴィのコマーシャルだったという記憶がある。
以前にYouTubeで検索した際には残念ながらそのコマーシャルを見つけられることは出来なかったんだけれど(今見たらここにあった)、確か日曜の夜8時に久米宏さんが司会をしていた番組の提供の信販会社だったかのコマーシャル・フィルムで、(ちょっと不気味な)マリオネットが映る画面とともに流れるその曲を耳にしてえも言われぬアンニュイな気持ちが幼少の僕に刷り込まれたことを思い出す。
恐ろしいのは今でもその「Quoi」を聴くとその映像が浮かぶことである。
たとえパリにいてその曲がラジオから流れてきても、いや、本人がコンサートで生でその歌を歌っているときにさえである。

パリに向かう機上、iPodから流れてきた「Quoi」を聴いていて、昨年の来日公演で彼女がステージの階段を下りてきて観客の間をぬうように歩きながら歌う姿を思い出した。
その曲は「Yesterday Yes A Day」だったけれど。
そんな演出は東京での二夜ともに同じだったにもかかわらず(そして二夜とも同じ席に座っていたにもかかわらず)、どうしても自分のすぐ目の前にまで来て歌う彼女を目にあふれる涙を押さえきれなくなってしまった。

たしか先週、日曜の夕方、表参道。日本在住のビルマの方々がアンサンスーチーさんのパネルとともに母国の酷い状況をアピールする行進に出くわした。それを見ても何も出来ない不甲斐ない自分を再認識させられながら、またジェーン・バーキンのことを思い出したという次第。








先週火曜日の朝、Le Mondeからの自動配信される速報で知ったのは「映画監督のエリック・ロメール氏死去」のニュースだった。
昨年日本で公開された『我が至上の愛〜アストレとセラドン〜』(Amazon)は、彼の「これを最後に私は映画を撮ることを止めようと思う」という言葉通り本当に最後の作品になってしまったわけだ。
(引退してすぐに亡くなってしまった、ということの次第はすぐにサルヴァドールじいさんのことを思い出させた)

ロメールのこの言葉を知ったのは、昨年の春、土曜の朝に突然電話を頂いて、「今から、うちに遊びにおいで。ご飯を作るから」と誘ってくれたフランスかぶれの大先輩、浜田比左志さんによってである。
浜田さんはその映画を観ながら泣いてしまうほど感動したというから、そんな話を聞いてさっそくその上映が終わってしまう直前の平日の朝に銀座にまでそれを観に行ったのである。
僕にとってスクリーンで観たその遺作は、泣くどころか明らかにおかしな設定のおかげでむしろ笑いそうになってしまう映画だったし、スクリーンの前でうとうとしてしまったのも事実だ。
誤解を与えないように書いておくと、ロメールの『クレールの膝』『緑の光線』は今でも好きな映画の「ベスト50」を挙げるならに必ず入るであろう大好きな監督だ。
本当にそれが遺作になってしまった今となっては、映画館でそんなロメール監督の遺作を観ることが出来たのはよかったと思うのだけれど、その訃報にまた哀しくなってしまった。


ロメールの映画といえば、あの不思議な“間”とともに音楽もなく、ずっとしゃぺりっぱなしの映画、という印象が強くて、若き日々、レンタル店で借りてきたロメール作品のヴィデオの前でうとうとすることもしばしばであったが、『満月の夜』は、また別の意味で印象的な作品だ。


パリ郊外の不毛を描いたような佳作で、主演のパスカル・オジェをはじめズバリ80sなファッションや風俗も見どころだし、サウンドトラックがJACNOが手がけているのもすぐに思い出す点だ。



そう、話はにわかにスライドするが、去年の最も大きな訃報はJACNOのそれであった。
それは、彼が実際に会ったことのあるスター、という意味で、だけではない。
僕の個人的な音楽的嗜好・音楽的遍歴の場合で断言するなら、マイケル・ジャクソンの不在よりも、JACNOの不在の方がその後の音楽史に大きな影響がでるほどに意味のある存在だったかもしれない。
JACNOこそ、フレンチ・エレクトロの最もの「祖」なのである、と言ってフランスでは誰からも異論はないし、彼なくしてはDAFT PUNKはもちろん、ジャン・ミシェル・ジャールからMr. Oizoまで、フランスのエレクトロニック・ミュージック史はあり得ないほどだ。

フレンチ・ニューウェイヴ期のStinky Toysから、ソロ、Elli et Jacno期、LIOのプロデュース…と語るべきことは山ほどありそうだけれど、うまく言葉にできないから昨年後半はLe Baronでの選曲にこのJACNOからみの音をいっぱいかけておいた。

そんなエレクトロ・ミュージックの偉人の訃報は日本では一切目にしなかった(一昨年の同じ時期、Les Rita Mitsukoのフレッド・シシャンが亡くなった際もそうだった…)。自分の偏愛するフランス音楽の日本でのポピュラリティを考えれば仕方ないか。

どちらにせよ、もう十年以上も前になるある夜のJACNO氏からのレアールのブラッスリーへの突然の呼び出しは、まるで現実味のない現実として僕の思い出の中にしまい込まれてしまった。あのとき思いを強くしたJACNOの初期作品の全作品の完全リイシューへの夢は、権利元のクリア以前に、音楽商業を巡る昨今の状況では永遠に実現しなそうである。

今やその魂よ安らかに、と願うばかり。そしてそのエスプリがこれからもフランスの音楽界で永遠に受け継がれていってほしい、と願うばかりである。


あまりに訃報ばかり伝えているもんだから、なんだかこの僕のブログはずいぶんと「死の匂い」が漂ってきてるような気さえする。


もう本当に好きなアーティストたちってみんな死んでいくんだ。
ヴェルヌイユ通りのゲンスブールの壁を見るまでもなく、時代はどんどん「c'etait mieux avant (it was better before)」と言わざるを得ないし、ときどき僕は時代を間違って生まれてきてしまったんじゃないかと後悔することだってあるくらいだ。

この長らくの「国籍同一性障害」は別として、こんなうすっぺらい時代になってしまっては、「生きる時代同一性障害」さえ引き起こしそうなんだよ。
by cherchemidi | 2010-01-17 17:42 | monologue
Morceau du Jour
11月の来日からずいぶん待たされた。
2010年最初の快作。

c0075562_12153130.jpg
| Vampire Weekend "Contra" |


今日から先行ダウンロード!CD待てず即買!
Vampire Weekend - Contra (Bonus Track Version)

CDは明日発売。(Amazon)
by cherchemidi | 2010-01-11 12:19 | de la musique
Photo du Jour
Photos from my parisian friend, Stephane Manel's BlackBerry.

c0075562_23571317.jpg
c0075562_23573143.jpg


またしてもパリに雪が…、
ということで、友人のステファンから写真が届いた。
真っ白に覆われたリュクサンブール公園はさらに美しいことだろうと想像を膨らます。
真っ白なテニスコートもすばらしい。



多くの友人たちが東京での冬休みを終えて帰国する中、一緒にヨーロッパへと旅立ちたい気持ちを抑え、日々仕事に励むも、全く仕事が片付かず、年末からの多忙が続いている。いや今月は2度もヨーロッパに行くからこそ多忙なのだ…。

ともあれ、東京を発つ前にあと2つの撮影を終えなくてはならない。
by cherchemidi | 2010-01-09 00:38 | photo



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧