<   2009年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Photo du Novembre
c0075562_21514154.jpg
c0075562_21542319.jpg
c0075562_21543730.jpg
c0075562_21545550.jpg
c0075562_2155772.jpg
c0075562_2155248.jpg
c0075562_21553756.jpg
c0075562_21555035.jpg
c0075562_2156812.jpg
c0075562_2156192.jpg
c0075562_21563339.jpg
c0075562_21564664.jpg
c0075562_21565860.jpg
c0075562_21572337.jpg
c0075562_21573578.jpg
c0075562_2158945.jpg
c0075562_21584252.jpg
c0075562_21585236.jpg
c0075562_2159412.jpg
c0075562_21582740.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2009-11-30 21:59 | photo
Photo du Jour
c0075562_21383488.jpgc0075562_21385943.jpg
| photo: sk |

神宮・参道
by cherchemidi | 2009-11-30 21:39 | photo
Repose en Paix, Jocelyn.
c0075562_22331839.jpg
| Jocelyn Quivrin | photo: sk |

またもパリからの訃報。
友人といってしまってはおこがましいのだけれど、少なくとも長年の知人であったフランスの俳優、ジョスラン・キヴラン(wiki)が亡くなったと知らされた。ニュースを見て目を疑った。

まだ30歳だったという。大好きだった車を運転中の交通事故とのこと。
友人のグループの一員だった彼を初めて“若手の俳優”として紹介されたのは、初めて彼を俳優としてスクリーンで発見したクラピッシュ監督の『パリの確率』より以前だったから97年とか98年頃のことだろうか。
その後みるみるうちに“有名な俳優”となってしまった彼と一緒に騒いだりする機会は、めったになくなってしまったのだけど、それでもどこかで偶然に会えば僕を覚えてくれていた。
この写真は、昨年2月にオデオンので赤いスポーツカーに乗った彼に出会った際のスナップ。


c0075562_22333552.jpg

これが僕が最後目にした彼(写真奥の運転席)の姿になってしまった。

それにしても、今年はどうしてこうも人が亡くなるのだろう。

もうひとりの亡くなった大切なパリジャンについてはまた改めて書こう。

Repose en Paix
by cherchemidi | 2009-11-29 22:52 | et cetera...
Notre Monsieur au AHIRU STORE

のびのびになっていたOur Man in Café 岡本さんとのランデヴーは、11月末、なんだか一番忙しい時期にギュギュッとこじ開けたようなスケジュールで実現した。
それも待ち合わせは「18時にアヒルストア」。
僕にとってはまるでおやつの時間のようなはやい時間からワインを飲んでしまうことに、若干の躊躇、あるいは罪悪感さえ覚える。

10月頭からスケジュールをすりあわせながら、結果としては、ちょうどヌーヴォーをごくごく飲めるいい時期になってしまったのだ。

そういえば、先日、アトリエでのヌーヴォー解禁祝いの際に開けられたボトルの中で個人的に一番だったのはやっぱり「フィリップ・パカレ」だった。数時間の間に3本空けてしまっていた。
それで、数日後のこの夜、アヒルストアのカウンターに「クリストフ・パカレ」の栓の抜かれたボトルを見つけて、岡本氏の到着を待つことなくグラスで頂いた。ダントツの濃厚さとぎゅっとした旨味に驚かされる。(これはボトルで買いおいてあったから、またノエルまでに飲もうと思う)

ひとり立ち飲みで(となりにいたフランス人の話をスルーしながら)グラスをごくごく飲んでいたから、岡本さんの到着の頃にはすっかりいい気分になってしまっていた。

詳細は省くとして、今関わられている新しいプロジェクトのお話を聞く。すでに入手困難なフリーペーパー『アートフォーオール』。すでに一部で話題の『ぼくの鹿児島案内』の束見本とデザインも見せて頂く。Twitterを始めるよう説得される。「101匹目の猿」の話を聞く。肉を食べないフランス人はフランス人の楽しみの8割を失っている件を指摘される。リエットやパテ、ジビエなしに飲む赤ワインはどうなんだと…。フラット化する世界への憂鬱。「あの頃がよかった」わけではないが、僕らの好きだったフランス人はやっぱり死んでしまってばかりだ。次はアンリじいさんの3回忌で飲みましょうかと。
それで、なによりメモをしておこうと思ったのは「Be Yourself」≒「Wasn't Born to Follow」から「Be A Good Neighbor」のムードに移ってきてるんだという啓示。
これは僕がここ数年居心地の悪さを感じていた「Me Me Me Me and Myself」な、前のめり感のある人たち(得てして世間で幅をきかせていたりもする…)との接し方や、距離の置き方のヒントにもなるんだろうと考えようとしてたけど、酔いが心地よくて止めにした。

少しいろんなところを旅したくもなった。

あ、すっかり脇役にすり替わったけれど、その夜のアヒルストアのワインはすべて素晴らしかった。岡本さんは確かフィリップ・ジャンボンの「ユンヌ・トランシュ」を開けてくれたのだけど、これも奇遇にも前の週に僕も空けたボトルだ。そのかわいらしいブタのエチケットの写真さえ撮り忘れるほどに脇役であったから、その夜のカメラにはひとりで立って飲んでいたときのクリストフ・パカレの写真しか残っていなかった。

ラヴィ、セラヴィ…


c0075562_13254625.jpg


by cherchemidi | 2009-11-29 13:26 | et cetera...
Petitte Robe Noire
c0075562_9261245.jpgc0075562_9263863.jpgc0075562_927192.jpgc0075562_9272359.jpgc0075562_9285249.jpg
| Petite Robe Noire | photo: sk |


少し前になるのだけれど、アクセサリーのブランド「Petite Robe Noire」のイメージの撮影をさせてもらった。パリでのキャスティング&撮影。キャスティングとはいってもモデルエージェンシーに連絡してオーディションするわけでもなく、友人のソフィ・トポルコフにメールしただけだ。
昨年から某MMMにてアートディレクターを務めることになり、多忙を極めている彼女には長らく会う機会がなかった。
そんなわけだから、久しぶりに再会する友人で、モデルの経験もない彼女を“自然に”撮るのはそれほど容易ではなかった。そもそも何度も言うが僕は女の子を正面から撮るのが苦手なのだ(常にカメラ目線のパーティ・ガールズは除く)。
それでも6区のクラシカルな「l'Hotel」のロケーションのおかげもあって、チャーミングな写真が何枚か撮れていてホッとした。気持ちよく晴れたその日の光は強すぎるほどだったけれど、北向きの窓からのやわらかい光に救われた。

c0075562_9504976.jpg
c0075562_1017327.jpg

c0075562_950883.jpg


上はホテルの窓からのオフショット(アクセサリーのブランドじゃなければ、そのままイメージに使いたかったくらい気に入っている)と、デザイナーの阿部好世ちゃん(ELLE ONLINE BLOG)
彼女に初めて出会ったのは彼女がNYから帰国してUnited Bambooのプレスをはじめた頃だったから、ずいぶん長いブランクを経て、ようやく一緒に仕事をするチャンスが巡ってきたという感じだった。
その撮影で使ったホテルの部屋番号は彼女が初めてつくったパルファンの名前になっていた。

その部屋番号とオデオンの深夜のジェラートは、彼女がパリに滞在中の思い出。
by cherchemidi | 2009-11-29 09:55 | à la mode
Photo du Jour
c0075562_42595.jpg
c0075562_433652.jpg

| Paris XVI | photo: sk |
by cherchemidi | 2009-11-29 04:10 | photo
Ce soir au Baron
c0075562_17364686.jpg
c0075562_1737672.jpg
c0075562_17372370.jpg

| photo: sk |

告知ばかりですが、今夜もLe Baron de Parisにて!
マスカレード・パーティですが、エントランスにもアンドレ特製のマスクが用意されております。
by cherchemidi | 2009-11-27 17:40 | et cetera...
au Baron Festival
c0075562_1851340.jpg
c0075562_1853186.jpg
c0075562_1854021.jpg
c0075562_1855371.jpg
c0075562_186731.jpg
c0075562_1862312.jpg
c0075562_1863615.jpg
c0075562_187113.jpg
c0075562_1871018.jpg
c0075562_1871997.jpg
c0075562_1873035.jpg
c0075562_1874653.jpg
c0075562_188113.jpg
c0075562_1881938.jpg
c0075562_1883216.jpg
c0075562_189332.jpg
c0075562_189159.jpg
c0075562_1892685.jpg
c0075562_1894216.jpg
c0075562_1895474.jpg

| photo: sk |

MERCI à Xavier, So-Me et Kiri !!!!
et au Baron, tourjours !!!

xxx
by cherchemidi | 2009-11-25 18:10 | de la musique
Le Baron de Paris 3éme Anniversaire
c0075562_1121590.jpg


明日のLe Baron de Parisの3周年記念のフェスティヴァル。
JUSTICEのグザヴィエ&SO-MEが来日します。
僕も撮影と、ラウンジでのレジデントとして参加させて頂きます。
21時オープン、@六本木ベルサール
by cherchemidi | 2009-11-21 11:25 | de la musique
Le Lapierre 2009 arrivé !!
c0075562_1402634.jpg



今年も何本かのヌーヴォーを予約していたのだけれど、今朝、ひとあし早くマルセル・ラピエールのヌーヴォーが届いた。例年なら解禁当日の午前に届く予定なのだけど…。
今年はエチケットがSineの描いたぶどう!
この気持ちのよい天気のもと、この若々しいヴィオレット色のボトルを目の前に、コルクを抜かないまま日付を超すことが出来るかどうか、まったく自信がない。
そもそも日本では、本国フランスよりも7時間も先に解禁するなんておかしいじゃないか。

ちょうどFacebookを通じて2009年のボジョレーを飲む会のお知らせがあった。
7区のお気に入りのレストラン、Le Basilicで行われるこの会でピックアップされるのも、偶然にも(当然かも)このマルセル・ラピエールのヌーヴォーだという。

ワインと穀物のおいしい季節、Bonnes Fêtes !!
by cherchemidi | 2009-11-18 14:09 | et cetera...



par 梶野彰一
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧