<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
Trick or Treat
colette からHALLOWEENパーティのインヴィテーションが届いた。
今夜渋谷…だそうだけれど、仮装が条件とのことだし、「Happy Halloween!」なんて言えないし、(Le Baronじゃないし)ひるんでしまい出かけるのをためらってPEACHESを大音量で聞いている。

「Trick or Treat」ということで(笑)Peaches - I Feel Cream (Bonus Track Version)

以下、今年のフジロックの写真。
このショー、見れてよかった。

c0075562_2183556.jpg
c0075562_2184440.jpg
c0075562_2185550.jpg
c0075562_21174760.jpg
c0075562_2191279.jpg
c0075562_219282.jpg
c0075562_2193720.jpg
c0075562_21183619.jpg
c0075562_2195358.jpg
c0075562_2110310.jpg
c0075562_21102299.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2009-10-31 21:13 | de la musique
des Nippes à la Nippone
c0075562_17575024.jpg



初めてユニクロに行った(パリの)。
この前のファッション・ウィークにオープンしたそうで、街でもよく大きな紙袋を持っているパリジャン、パリジェンヌを目にするし、カフェのカウンターで開いたリベラシオンでもユニクロについての記事を目にした。「H&MやZARAの日本の弟」であるユニクロはオープン以来パリの「the place to be(行くべき場所)」となっていて、毎朝100〜200人の行列ができていると。
僕にリベラシオンをすらすら読めるほどのフランス語の読解力が足りないことが悔やまれるのだけれど、おおまかに市民には歓迎されているように見えた。


もはやメイド・イン・どこだかさえ関係ない大量生産の衣料の世界大戦に、あまり興味はなかったのだけれど、広告のモデルにセバスチャン・テリエやDJ MEHDIも登場しているというので、混雑するそのパリ店へと行ってみたのである。

c0075562_18245465.jpg
c0075562_18251348.jpg



店内に貼られた大きなポスター、テリエとメディの間にはナデージュ・ウィンターもいた。
(リベ紙によれば、エマニュエル・セニエやマチュー・カソヴィッツも)
ニッポンでは見ることもなかった「J」のタグの付いた水色のシャツを手にレジの列に並んでしまった自分にあきれた。

c0075562_18242889.jpg

by cherchemidi | 2009-10-31 18:28 | à la mode
Photo du Jour
c0075562_2474191.jpg
c0075562_248599.jpg

| photo: sk |

La Tour - 120ans !
by cherchemidi | 2009-10-31 02:51 | photo
LOGORAMA
c0075562_15265420.jpg

7月のことだけど、突然「H5の作った短編の試写があるからこれからCANAL+まで来ないか?」と呼び出された。「CANAL+」調べてみると16区のはずれ、すでに郊外だったが仕方なくRERで向かう。

c0075562_15211392.jpg

| LOGORAMA, un film de H5 |


ほんの10分ほどの短編アニメーション「LOGORAMA」はグラフィック・デザイン・チームであるH5の3人のグラフィストによる初めてのスクリーン作品となる。
すでに今年5月のカンヌの評論家週間をはじめいくつかの映画祭で上映されたと聞いたが、これ、よく本当に上映できたな…というほどの問題作である。
というのもこの映画に出てくるキャラクターはすべてが実際のロゴマークだったり企業のキャラクターだったり。たとえば、まず舞台となる街全体はロゴ・マークで形作られていて、登場する警官役はミシュランのビバンダムくん(たち)だし、エッソ・ボーイ&エッソ・ガールに、ハリボー坊や、さらにはマクドナルドのドナルドがマッド・ピエロになって登場するわ、動物園にはラコステのワニがいるわ…(笑)。それら全てが許可なしで登場するのだ。
本当にスクリーンから目が離せないのである。おそろしくディテールに拘った映画だから、おそらく繰り返し見れば見るほどに新しい発見があるはずだ。

これまで音楽まわりのアートワークからスタートして、ついにはビッグ・メゾンのファッション系のCIやら、大きな企業の広告映像までを手がけてきたH5。
そんな仕事の中で扱うことも多かったであろう「ロゴ」「商標」。強い権利意識で守られたそれら「ロゴ」「商標」といったものに、本当に嫌気がさしていたんだろうというのは強く感じられるが、あまりにアイロニカルなそのストーリー展開は、どう考えたって今後一大スキャンダルになりそうだ。
その挑戦的なH5も素晴らしいが、それを堂々ディストリビューションできるCANAL+もすごいと思った。


その尺の短さやスキャンダル性からも、メディアとしてはスクリーンよりもゲリラ的なYouTube向きという気もしなくもないのだけれど、現在のところリーク映像は見当たらず。

なぜ今思い出したように書いているかと言うと、何をかくそう今夜、パリの装飾美術館(Musée des Arts Décoratifs)でプロジェクションがあるというのである。
急な告知だけれど(それもパリだし…)、見れそうならぜひこの機会にスクリーンで見ておいた方が良い短編だと思う。(詳細)

もちろんいくつか日本の有名企業のロゴも登場する。さて日本のスクリーンで見られる日はくるのだろうか?


c0075562_15291815.jpg

c0075562_15294843.jpg


その日は完成披露試写で、上映後カクテルが用意されて、多くの友人や関係者が集まった。H5の面々と再会、アレックス・ゴファーらにも再会した。そういえば、アレックス・ゴファー初期の「The Child」のクリップ(YouTube)にはこの「LOGORAMA」の原型が詰まっていたのを思い出した。
帰りにはいっさいロゴの入っていない真っ黒なこのポスターと、いくつか有名企業のロゴマークが「LOGORAMA」というタイトルの帯でざっくり隠された缶バッジとポストカードをもらった。

映画とは関係のない話だけれど、さすがCANAL+の試写室、仕切りのないソファーのような革張りのシートでとても心地が良かった。
by cherchemidi | 2009-10-29 15:57 | j'aime le cinema
Morceau du Jour
c0075562_12223290.jpg
| Rob "Dodécalogue Vol. 4: Jude Thadée" |

Rob 今月の教典。feat. Sébastian Tellier
dodecablog

Rob - Dod?calogue, Vol. 4 : Jude Thad?e - EP
by cherchemidi | 2009-10-29 12:24 | de la musique
YSL rive droit
c0075562_20371786.jpg

| Av. George V | photo: sk |



パリでも知らない間になくなってしまう店が多いアフター・リセッションの昨今ではあるのだが、サンシュルピス広場のボナパルト通りの角から「イヴ・サンローラン・リヴ・ゴーシュ」のブティックが消えていたのにはさすがに驚いた。
そのブティックに特別な思い入れがあるわけではもちろんないのだけれど、これではサンローランがまったく「リヴ・ゴーシュ」ではなくなってしまうではないか…。
(キャネット通りのブティックはまだそのままでした)

そういえば、この春、ギャラリストのエドワーが引っ越した新しいアパルトマンにおじゃました。
閑静な7区の住宅街。彼のアパルトマンの窓から通りを挟んで見える瀟洒な門構えを指して、別の友人が教えてくれた。「あれが、ついこの間まで(といってももう1年半も昔の話になってしまった)サンローランとピエール・ベルジェが住んでいたところだよ…」と。
僕の頭の中のパリ地図に間違いがなければ、それはバビロンヌ通りに面していた。



(写真はリヴ・ドロワ、ジョルジュ・サンクのサンローラン)
by cherchemidi | 2009-10-28 20:51 | à la mode
Photo du Jour
c0075562_22585583.jpg
c0075562_22591674.jpg

| Palais Royale | photo: sk |



c0075562_2311599.jpg
c0075562_2305418.jpg

| Saint-Sulpice | photo: sk |



eau de paris
パリの水
by cherchemidi | 2009-10-26 23:03 | photo
Sac du Jour
今日のバッグ。
おくればせながらパリの自宅におじゃましてOlympia Le-Tanのニュー・コレクションを見せてもらった。
本の表紙をモチーフに全て手作業で刺繍してある。
おなじみフェルトのポシェット、本物の本のような厚みのあるクラッチ、そしてミニ・トートの3種類。


c0075562_0443339.jpg


「New York Times」のblogでも!
by cherchemidi | 2009-10-25 00:46 | à la mode
Karl Qui?
c0075562_16483818.jpg


「Karl Who?」

そういえば先日、MONTANAから外に出たところでカール氏に遭遇した。
とっさに握手を求め、カメラを取り出す僕に、一緒だった某ブランドのプレス氏の「え、今の誰ですか?」の言葉には驚いた。
これはまさに「カール・誰?」以前の「?」であるけれど、結局、あるファッションの世界においては、あるモードの世界のグルなんて全く関係ない、ということだろうと納得してしまった。

c0075562_1725321.jpg


「KARL WHO?」バッグに関しては、その自ら(あるいはモード界すべて)へ向けられたアンチテーゼをさらりと、ある意味では自虐的に翻してしまうカール卿の方が一枚上手、という気がした。
そこまでおおげさに考えるまでもないだろう。このエコバッグは45ユーロw。即買いです。

c0075562_17251193.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2009-10-23 16:48 | à la mode
"many tears have fallen here"
c0075562_124248.jpg
c0075562_1251752.jpg
c0075562_1245441.jpg
c0075562_1255133.jpg

c0075562_1261967.jpg
c0075562_1264939.jpg
| photo: sk |
by cherchemidi | 2009-10-22 01:28 | de la musique



par 梶野彰一
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧