<   2009年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
O.L.T. is BACK
c0075562_1765294.jpg


本日よりパリコレのスタート…。(残念ながら僕は博多・祇園にいます)

なんといっても今回のニュースはオランピア・ル・タンのカムバック! これに尽きる。
7月、マイケルの死亡記事の載った Le Monde の上で、一見、本のようなハンドメイド・ハンドバックの試作品を披露してくれたオランピア。
今日からの展示会でいちはやく見られないのが残念だけど、また近いうちに会いにいこう。

O.L.T
by cherchemidi | 2009-09-30 17:08 | à la mode
LOVE 2
c0075562_11495127.jpg

| AIR "Love 2" |

思い出したように…この秋冬のための音楽をもう一枚。
AIRの待望のアルバムが届きました。明日(9/30)日本先行発売(Amazon)だそうです。
長年のAIR ファンにとっては、まったく文句のつけようもない美しいアルバム。
今回はナイジェル・ゴドリッチのプロデュースもなく、目立ったゲストもなく、パリの北に新しく作ったスタジオに2人でこもってレコーディングしたのだとか。

アルバム「Love 2」Air - Love 2
先行シングル「Sing Sang Sung」のヴィデオSing Sang Sung
by cherchemidi | 2009-09-29 11:56 | de la musique
Morceau du Jour
c0075562_11304835.jpg
| Kings Of Convenience "Declaration of Dependence" |

秋、これから数ヶ月間のサウンドトラック。
それにしても2009年はメロウな名アルバムが多い気がするのは気のせいだろうか…。
Kings of Convenience - Declaration of Dependence
(Amazon)
by cherchemidi | 2009-09-29 11:34 | de la musique
"THE LIMITS OF CONTROL"
c0075562_23591139.jpg

| THE LIMITS OF CONTROL, a film by Jim Jarmusch | ©2009 PointBlank Films Inc. |

カラックスの『ボーイ・ミーツ・ガール』と同じくらいに、自分にとってのトラウマ・シネマとなっているのがジム・ジャームッシュ監督の『パーマネント・ヴァケーション』。
ジャームッシュの新作、ということで今回も楽しみに観せて頂きました。

詳細はこちらでレヴューしましたが、全然明快な解答のない、そして前作のようなペーソスや笑いのない、そんな新作。それでもクリストファー・ドイルの映像はめっぽう奇麗だし、なんか軽く掌を返してこういう映画を撮ってしまえる監督がやっぱり好きだな…と改めて思った次第。
すべての皆さんにはおススメしませんが、こういう映画を観てああだこうだと話したい人はぜひ!
by cherchemidi | 2009-09-25 23:59 | j'aime le cinema
Morceau du Jour
c0075562_1750215.jpg
| Rob "Dodécalogue, Vol. III: Jacques le Majeur" |

RobのDodécalogue、今月の教典、配信です。Rob - Dod?calogue, Vol. III: Jacques le Majeur - EP
ロマネスク・ヴォワイヤージュ。




c0075562_18123541.jpg
| Sébastien Tellier "Fingers of Steel - Hypnolove mix" |

テリエ「Fingers of Steel」のHypnoloveリミクス。S?bastien Tellier - Fingers of Steel - Single

もちろんレファレンスはこちら。Rondò Veneziano "La Serenissima"Rondo Veneziano - Rondo Veneziano

c0075562_18212453.jpg
www.rondoveneziano.com
by cherchemidi | 2009-09-24 17:52 | de la musique
Ex Fan Des Sixties
c0075562_0591571.jpg

| Jane Birkin | photo: sk |


Bunkamura Orchard Hall ジェーン・バーキンのコンサート。
光栄にも今回もオフィシャルで撮影させて頂きました。

いわずもがな、暖かくて素晴らしいステージ。
まだ明日(金曜日)ご覧になる方もいらっしゃると思うので、詳細は控えますが、最新のアルバム「Enfants d'Hiver」からの曲を織り交ぜながらも「Ex Fan Des Sixties」「Yesterday Yes A Day」「Quoi」…など、もちろんゲンスブールの曲も数多く披露してくれました。アレンジもバンドの編成もいたってシンプルで、曲の良さ、ジェーンのあの歌声がダイレクトに響きます。
とても感動的で胸がいっぱいになる2時間。

まだ金曜日の公演も当日券もあるようなので、ご興味のある方は是非足を運んでみてください。
(公演詳細)

c0075562_0593526.jpg

| Jane Birkin | photo: sk |
by cherchemidi | 2009-09-18 01:27 | de la musique
Photo du Jour
c0075562_18515087.jpg


原宿。アスファルトに転がっていた蝶か、蛾か。
きれいな羽の色に目を引かれて、よく見てみるとすでに体は干涸びて尾の半分はなくなっていた。

日本語で「蝶(ちょう)」と「蛾(が)」では、印象が大きく違う。
フランス語では「Papillon(パピヨン)」と「Papillon de Nuit(夜のパピヨン)」。
by cherchemidi | 2009-09-16 18:53 | photo
Vivre Sa Vie

林央子さんの「here and there」最新号の発売を記念して青山のユトレヒトで展示会があるという(詳細)

(“よい人”にたくさん会えそうな予感のした)レセプションの時間帯には残念ながらお伺いできそうになかったので、夕方レセプションの前にのぞいてみた。


c0075562_14135566.jpg
c0075562_1414476.jpg
c0075562_14141887.jpg
c0075562_14142695.jpg



「HER LIFE」と題された今号は、リスボンに移ったエレンの日記、母になったレティシア・ベナの写真と文字、をはじめ女性的な視点が主になっている。

Vivre Sa Vie...

c0075562_14144215.jpg

by cherchemidi | 2009-09-16 14:21 | et cetera...
église du jour

c0075562_20114955.jpg
c0075562_20115924.jpg


上五島滞在の最後の日は、早朝に雨の音で目が覚めた。その通り雨は明るくなる頃には止んでいて、僕らの帰りの船は正午すぎだったので、どうしても訪れてみたいと思った頭ヶ島教会まで足をのばしてみることにした。
これはフィールドワークというべきか、観光というべきかはもう曖昧で分からない。

途中、入り江があって湾とその向こうの山々から沸き上がる霧に見とれて写真を撮っていると散歩中のおばさんに声をかけられた。「きれいな景色ですね」と答えると「今日は海が凪ですからね」と。
入り江になっているとはいえ、確かにほとんど波はなくてスーパー・フラットな水面は、とても静かだ。そんな中、朝日によって気温がじわじわと上昇し、その水面、そして辺りの地面やアスファルトから湿度がじんわりと空へと吸い上げられていくのを見ていると、大きな何かに飲みこまれているような気になる。

c0075562_20254455.jpg
c0075562_2026753.jpg
c0075562_20261828.jpgc0075562_20263865.jpg
c0075562_20262822.jpg


その後、目的の教会にたどり着くまで、その国道にはひとつも信号がなかった。交差点も数えるほどだし、土曜日の朝とあってか、すれ違う自動車も人もほとんどいないまま。その道を横切るのは赤いカニだけだ。30分ほど走ると寒気を覚えるような大きなトンネルを抜け、大きな鉄橋を渡った。橋の下には海流が渦巻いている。そう“頭ヶ島”は、また別の島なのだ。その鉄橋で一台の対向車とすれ違ってからは、また誰の姿も目にしないままで教会に着いた。


c0075562_20294331.jpg
c0075562_2030171.jpg
c0075562_218015.jpg
c0075562_2030441.jpgc0075562_20303427.jpgc0075562_20363092.jpgc0075562_20364560.jpgc0075562_2037581.jpg
| 頭ヶ島教会、上五島町 | photo: sk |


小さなその島の海に面した頭ヶ島教会は、石で作られた立派な教会(石造りの教会というのは西日本ではここが唯一、全国的にも極めて珍しいのだそうだ)。1917年に完成し、現在は重要文化財に指定されているという(wiki)。それどころかこの長崎・五島列島の教会群は世界遺産の暫定リストに入っている。
一歩中に入ると、がっしりした外観とはちがって、カラフルなステンドグラスの光が差し込む明るい聖堂に癒される。
聖堂の裏手には島の聖母像があり、その石垣の間にはまた真っ赤なカニが顔をのぞかせていた。

教会では誰にも会わなかったのだけど、人の声がするので海の方まで歩いていってみると、そこには小さなビーチがあって朝から子供たちが泳いでいる。
その海岸に向かってこれもきれいに石造りのキリシタンの墓が立ち並んでいる。
ちょうど教会前のバス停にバスも到着した。終点のそのバス停では降りる人も乗る人も誰もいなかった。


今回の上五島への旅でおとずれた教会はこんな感じ。
また機会があれば、五島の教会巡りはつづけてみようかと思っている。
by cherchemidi | 2009-09-14 20:53 | photo
Wolfgang Amadeus iPod
c0075562_0432887.jpg

by cherchemidi | 2009-09-11 00:45 | et cetera...



par 梶野彰一
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧