<   2008年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
dans le bois
c0075562_4132348.jpg



「もう森へなんか行かない」というのはフランソワーズ・アルディの「Ma jeunesse fout l'camp」に与えられた邦題であるが、それ以前に、エドゥアール・デュジャルダンという作家の小説「Les Lauriers sont coupés」に与えられた邦題であった。
面白いのはどちらもフランス語の原題には「森」がないという点。
そしてこの美しい邦題は、時代とジャンルはまったく関係なく、2度も日本に現れたことである。

(そういえば、「勝手にしやがれ」なんてすてきな邦題も映画と音楽で、まったく関連なく2度も現れている。これは1959年のフランス「A Bout de Souffle」と1977年のイギリス「Never Mind the Bollocks」である。)

さて、アーバンライフを満喫する僕のような人間は、これまで「もう森へなんて行かない」とはあまり思ったことはなかったが、撮影で深夜の森へ引きずり込まれた帰り道には、その言葉が頭をよぎっていたことを告白する。
深夜の眠った森の中は異次元の恐怖に満ちており、カメラを向けるのさえ気が引ける。フラッシュを焚くなんていうのはステージ上のアーティストに対するのとは比較にならないほどである。その闇の奥に何が照らし出されるか分からないのだ。
それは夏の深夜2時のことであった。

森というのはしばしば脅威や不安さえ覚えさせる自然の威厳のメタファーとしてその役割を背負わされる。
パリの両端に広がる森は、地図でみると小さいながらも、入り込んでしまうとやはりヨーロッパの森の脅威を感じないでいられないのを思い出した。

c0075562_41386.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2008-08-28 04:13 | photo
nuages

c0075562_17422717.jpg

c0075562_17433268.jpg


飛行機に乗っている間は空を見ているので退屈をしない、というようなことは前にも書いたけれど、この夏も飛行機の上からいろいろな雲を見た。

地表が見えないほどに真っ白に敷きつめられた雲は雪のようにきれいだが、反面、その下の世界はどんより曇った大地を想像してしまう。

夏の雲は空の青とのコントラストが激しく、その白の陰影のグラデーションが美しい。
確か北欧の上空だったか、魔法使いのおばあさんのような形をした積乱雲に出くわして思わず写真を撮ったものが出てきた。果たしてどうやって水蒸気があのような巨大な形をつくりあげるのだろう。
by cherchemidi | 2008-08-27 17:52 | photo
Photo du Jour
c0075562_0175512.jpg

| OSLO | photo: sk |
by cherchemidi | 2008-08-26 00:19 | photo
HS pour VOUGE HOMMES
c0075562_21513662.jpg


feat. Hedi Slimane
by cherchemidi | 2008-08-20 22:02 | à la mode
MERDE.
c0075562_22253116.jpg
c0075562_22255645.jpg
c0075562_22254262.jpg
c0075562_22261685.jpg

| MERDE / LEOS CARAX | photo: sk |

レオス・カラックスのポートレートを撮れる機会を得たことは非常にうれしかったので、その日は暑かったのだけど長袖の白いシャツで向かった。

だが、果たして僕は彼の新しい映画についてどう書くべきだろう。
カンヌで上映された後の記事をネットで探して読みあさっていた時点で、なんとなく予感はあった。それでも日本での完成披露試写には30分も前に着いて並んだし、最終の試写でももう一度…と思って見直したのである。

実際のところは、何も書かずにスルーしておきたくなるような作品で、これから先も僕はどこかにこの作品についての原稿を書く機会もなさそうなのだが、同席させて頂いた合同取材では、いくつか興味深い言葉があった。
それからあんなにおいしそうにタバコを吸う男を久しぶりに見た。

もしこれから観られる人がいるのなら、ドニ・ラヴァンは永遠にカラックスのオルターエゴであることを念頭におきつつ、彼が日本人について吐く言葉を聞き逃さないように。最高だ。

ブログなので、いちカラックス・ファンとして、正直に感想を書くなら、ほんとうに最低な映画なのだが、なんだか妙に壮快な短編、なのである。
最初から笑いながら観るべき映画であることを、分かっていれば、大丈夫…かもしれない。まあそれにしてもひどいオチで失笑してしまった。
カラックスを嫌いになりそうだったが、本人に会ってしまったらやっぱり嫌いになれるわけはない。
今なら、彼の言葉をふまえた上で、もう一回観てもみるのもいいと思う。

映画のタイトルは『MERDE メルド』=『糞』。
『TOKYO!』というオムニバス映画の一編である。
by cherchemidi | 2008-08-19 22:57 | j'aime le cinema
Photo du Jour
c0075562_21352877.jpg

| photo: sk |

ひさしぶりに GR Digital 28mm でパリの夏の空。
by cherchemidi | 2008-08-13 20:19 | photo
YES
c0075562_23344753.jpg

| SO ME | photo: sk |

REVOLVERによるニューショップYESのオープニングに来日したSO ME。
インタヴュー記事はhoneyee.comにて。



c0075562_2338676.jpg
by cherchemidi | 2008-08-12 23:38 | et cetera...
Photo du Jour
c0075562_510229.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2008-08-09 05:10 | photo
HA NA BI
c0075562_12213312.jpg
c0075562_12214826.jpg
c0075562_12222351.jpg
c0075562_1222396.jpg
c0075562_12224826.jpg

| photo: sk |

神宮外苑の花火大会。
一年で唯一アトリエの屋上を有効活用できるこの機会であったが、昨日は取材でSO MEを訪ねたら、結局そのままREVOLVERのオフィス屋上で花火見物することになってしまった。もちろんREVOLVER仲間が大集合の中(MERCI KIRI!)。
アトリエからほんの徒歩で5分なのに、こんなに花火に近づくとは…。
さて、花火を見てるとどうしても写真を撮りたくなってしまうのだけど、取材で簡単なポートレートを撮っただけだから、もちろん三脚もズームレンズの用意もない。
手持ち・単焦点で花火を撮ってみた。そしてモノクロに。
(下から2枚目はクリックして大きい画像で見て下さい。ブレずによく撮れました…)

それにしても花火は断然日本のものが素晴らしい。
これはSO MEも他のフランス人も口を揃えるわけであるが、確かに凝った色合わせや、意匠、大きさ、音、どれをとってもフランスのものには負けないように思う。
さらにあの花火と花火の音の“間”が独特で、そこにはそこはかとなく日本的な美しさが漂っている。


とはいえ、エッフェル塔の脇にあがる7月14日の花火は、あるいはヴェルサイユのあの宮殿で上がって運河に写る花火には、また別の壮大な感動があるだろう…、などとここでは自ら反撃するのはよしておこう。
by cherchemidi | 2008-08-08 12:41 | photo
POPTONEZ
c0075562_1143710.jpg
c0075562_1145996.jpg

| photo: sk |

UNDERCOVER、パリで初めてのメンズ展におじゃまして撮影してきました(h)
下はたしかLe Mondeだったかの記事。

実は気がついたときにはすでにポスト・パンクの時代であり、その後もコンサヴァ一直線で、なぜか原宿さえ経由できなかった自分ですが。
by cherchemidi | 2008-08-07 11:07 | à la mode



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧