<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Fin de la Saison
c0075562_22512993.jpg

| Dior Omotesando | photo: sk |

表参道を夜に歩くことの多い自分にとっては、
このディスプレイ替えの現場に出くわすことは珍しくないのだけれど、
1月31日、今日この脇を通りかかったときは、ついデジカメを取り出してしまった。
ディオール オムの本格的な終了を目の当たりにしたような気分で。
先日、パリ、モンテーニュの本店、そしてロワイヤル通りのブティックを出たときには、もうこれでディオールのブティックに来ることもなくなるのだろうと思った。
そもそもこれは、すでに終了したストーリーである。
ちょうど1年前の昨日、2007年1月30日のディオール オム最後のショーは、今でも鮮明に甦る。

ファッション・ウィークのパリで僕にディオールから招待状が届くこともないし、
ディオール オムのシャツを脱いですぐに、トム・ブラウンのシャツに袖を通すような気にもなれない…。(今のところは…w)
by cherchemidi | 2008-01-31 23:51 | à la mode
Photo du Jour
c0075562_15574281.jpg
c0075562_15575984.jpg

| Paris VIII | photo: sk |
by cherchemidi | 2008-01-31 15:58 | photo
à Roissy
c0075562_1139288.jpg
c0075562_11384637.jpg

| photo: sk |

ロワシー、シャルル・ド・ゴール空港。
チェック・インのあと空港内でぶらついていたら、JUSTICEとPedroに遭遇した。
ちょうど東京より着いたばかりの彼ら、自分はまさにその飛行機で東京に向かう。
まったくのすれ違い。
日本のツアーの成功やエトセトラを興奮気味に語るのを聞いていると、
今回のツアー、声をかけて頂きながらも撮影に同行できなかったのを残念に思った。

この2つのダッフル・バッグは、グザヴィエと僕とでおそろいである。
初めての取材の際、グザヴィエは「アンシャンテ」のあいさつの直後に、
僕の革ジャンを試着させてくれと言ってきたものだが、
今やディオールの革ジャン以外で彼の姿を見ることはない。

そう言えば、今回のパリはほんの2週間、
それほど出歩くチャンスもなかったにも関わらず、
マレで犬と散歩中のギィ・マン(下の写真の金のマスクの人)とすれ違ったりと、
素敵な偶然の出会いが続いたような気もする。

ただし、自分がロワシーで抱く気持ちというのは、
何年経とうが、どこのターミナルだろうが、相変わらず同じである。
パリから離れたくない…。
by cherchemidi | 2008-01-30 11:57 | monologue
Too Long
c0075562_12592186.jpg
c0075562_1259391.jpg
c0075562_13029.jpg
c0075562_1303662.jpg
c0075562_131967.jpg

| dafunkfest | Dec. 2007, Kobe + Makuhari |

遅ればせながら DAFT PUNKの光臨レポート、
honeyee.comにてアップされました。
アンコールのあの神々しいブラック・ダフトに関しては、公式にはアップも言及も禁止、
とのことで…我ながらなかなかの写真が撮れていただけに残念。またどこかで。
by cherchemidi | 2008-01-29 13:09 | de la musique
THINGS TO DO TODAY
c0075562_19123125.jpg
c0075562_19125872.jpg

| Paris XVIIIe | photo: sk |

Phoenix in the studio
by cherchemidi | 2008-01-28 19:14 | de la musique
Photo du Jour
c0075562_17504450.jpg

| Busy P | photo: sk |

Pedro WinterとJUSTICEが東京の週末。
Jalouseのパーティが東京の週末。
今週のパリはといえば、すっかりエンプティである。
ファッション・ウィークについても、もはやエディ不在で2季目ともなれば、
僕のような非ファッションな男を強く惹き付けるものはなにもないままである。
久しぶりにして、規模の大きいM/M PARIS(目新しさはないが)の展覧会だけが楽しみである。
エディもM/Mも2000年代初頭のパリのアイコンのような気もするが、
僕の場合、一度好きになったものは、なかなか覆せないのである。

写真はBusy Pだと思ってたのだけど、DJ FALCONにも見えてきた。
by cherchemidi | 2008-01-24 18:08 | photo
Jamais Ennui en Europe
c0075562_2341884.jpg



確か一年ちょっと前だったか、友人にこの本を手渡された。ヨーロッパに旅することが多いので(といってもフランスだけなのだけど)旅先で読んでくれ、と。
どういうわけか、自分は昔から読書家と勘違いされることが多いのだけれど、実際のところはといえば、冒頭しか読まないままで放置されて本棚にしまわれてしまう本がほとんど、というくらいに活字と接していない。さらに旅先でとなると、ますます本を読まなくなる。
考えてみれば、ヨーロッパで退屈したことは一度たりともない気がする。なんらかのお仕事がある最近ではもちろんだけど、時間はあってもお金がなかった学生時代の放浪の旅でさえ、ヨーロッパのあらゆる街で「退屈」を覚えた記憶がない。
そんなわけで、友人の言いつけに従って、毎度毎度フランスに渡るときはこの本をバッグに入れておいたのだけれど、なかなか読みすすまなかった。エッセイの集積みたいな一冊なので、機上や車中ではもちろんのこと、ホテルでの寝る前のひとときや、カフェでひとりで…など、文庫本のページをめくるタイミングはたくさんあるはず、なのにである。よっぽど本と相性が悪かったのか。
この度、この本とともにようやく4度目のヨーロッパ旅行にしてようやく読破した。読破、読了、とかいう言葉が似つかわしくなく、ようやく最後のページまで読み終えたわけであるが、それは結局ジェットラグの上、通路側の席に座ってしまったことで、眠れないまま過ごさざるをえなかった機上でのことであった。
伊丹十三に関しては、僕が今さらとやかく語るまでもなく、粋な考え方をしっかり持っていた人だったようで、60年代後半との時代のずれはあれども、ニッポンと欧米の文化のズレの的確な指摘はいまでも充分に有効なのである。
その友人に、これを読み終わったら読んでくれといわれていた「女たちよ」は、実は、先に読んでしまった。こちらはヨーロッパ旅行限定で読もうとしなかったせいである。


c0075562_23432682.jpg

by cherchemidi | 2008-01-22 23:44 | monologue
Naufrage En Hiver
c0075562_882592.jpg

| photo: sk |


さて、冬のパリ。
パリでは所縁(ゆかり)のある「通り」や「地区」というものが自然と出来てくるものだ。リヴ・ゴーシュにとり憑かれたようにして、パリに溺れた僕にとっては、一番の所縁の地はと聞かれれば、サンジェルマン・デ・プレ裏のあの辺り…としておきたいところ。実際ヴェルヌイユ通りは「巡礼する」という表現さえ過言ではない聖地である。

本当にシックなのは6区ではなく7区、そう思うようになったのは実は最近であって、最初は何もなくて不便な地区、くらいに思い込んでいたのだけれど、実のところ、その何もなさこそがスノッブたる所以であったわけだ。
以前このあたりに住む友人に最寄りのコイン・ランドリーはどこにあるのかきいたことがある。「ここは9区や18区やじゃないから、コイン・ランドリーはないよ。だれも洗濯しないからね」と笑い飛ばされた。どうりでこのあたりはクリーニング店がパン屋と同じくらいあるわけだ。最近の7区信仰はこのスノッブな友人、ムッシュ・デルベスの影響に依るところが大きい。
そういえば、お気に入りだったパン屋がこの夏につぶれてなくなった。バック通りとヴェルヌイユ通りの角。その角からすぐには2軒のクリーニング店があるが、事実どちらもいつも忙しそうなのである。ここにシャツもシーツもまとめて持っていくのだ。

奇遇なことに、以前によく借りていたトゥーサン一家(ブリュッセル在住)の所有するアパルトマンと僕に部屋を貸してくれる、ムッシュ・デルベスのアパルトマン、その2つの交差するところにあったのが、そのパン屋だったのである。

ここ数年はどういうわけか3区にばかり縁がある。北マレの辺り、ブルターニュ通り。今も深夜のその通りにいる。奇遇にも、ここもつい半年前まではパン屋だった角。そのパン屋もこの夏につぶれてしまって、ちょっと鼻につく感じの(なのにパリにしてはやけに気の利いた)おしゃれなカフェが出来た。

(唐突ですが今日はここまで…、つづく)

ところで、写真はバック通りにもブルターニュ通りにも関係のない、そして最近は縁遠くなった9区の大通り、朝の散歩中に。
by cherchemidi | 2008-01-21 08:10 | monologue
Photo du Jour
c0075562_21482938.jpg

| 11e, Paris | photo: sk |
by cherchemidi | 2008-01-20 21:50 | photo
Photo du Jour
c0075562_2241484.jpg

| VERSATUBE | photo: sk |
by cherchemidi | 2008-01-20 02:25 | de la musique



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧