<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
NARCO
c0075562_1235185.jpg



フランス映画「NARCO」を観せてもらった。
BDのようなスピーディな展開と、絶妙な時代設定、
退屈なはずのフランスの典型的なサバービアでおきる奇想天外ストーリー。

詳細はhoneyee.comの映画レヴューで書かせて頂いたので、こちらを。
現在公開中。

ついでというわけではないのだけど、この映画の音楽のこと。
オリジナル・スコアは、最近よく話題に上るセバスチャン・テリエが手がけている。
彼の「La Ritournelle」も挿入歌として登場するのだけれど、
それ以外にもセバスチャンはいくつかの曲を書き下ろしていて、
そのオリジナル・スコア盤がRecord Makersからリリースされることになった。

この「NARCO」はフランスでは2004年に公開された映画。
実はその時点でそれらの数曲が収められたCDRをもらっていたのだけれど、
なぜかこのタイミングでようやくリリースとなるというのだ。

このスコア盤とは別の、いわゆる劇中で使用される楽曲を集めたサウンド・トラックも
当時買って聴いていた。選曲が面白い。
デッド・オア・アライヴやブロンディが熱かった2004年を思い出す…(笑)。
そして、VISAGEの「Fade To Grey」!!!! (これこそ絶妙な時代感)

さて、光栄にも件のスコア盤のスリーヴ・デザインをマーク・テシエから依頼された。
敬愛するデザイナー、アレックス・コルテスが手がけた映画のためのアートワークに沿って、
こんなジャケットを作ってしまった…。期限3日で。

イラストの苦手な自分だが、セバスチャンを描いてみた。
気の抜けたヘタさ具合が、セバスチャンとマーク・テシエにウケて、
このジャケットで正式にフランス版としてリリースされることになった。
日本にも輸入されてくるのだろうか…?

c0075562_0313426.jpg



「ナルコ」と縦書きでカタカナも書いてみたが、
これは、パリで日本人ではない東洋人が経営するヤキトリ屋さんの壁に書いてある日本語を模倣した感じ…。

ちなみに「ナルコ」は「ナルコレプシー」のこと。どこでも急に眠りに落ちてしまう病気なのだとか。

この「ナルコレプシー」の話を友人にすると、「それ、君だよ」と何人かに言われた。
はい、僕は話の途中でも、食事の途中でも、よく眠ってしまいます。
机で仕事していたはずが、気がつけば玄関で眠っていたこともあります。

もうひとつ、このジャケットの横顔、「脳内メーカー」?と言われますが、違います。
嘘だと思ったら、「脳内メーカー」に「梶野彰一」と入れてみるがいい。
by cherchemidi | 2007-10-30 00:46 | j'aime le cinema
Riviera - suite
c0075562_11475879.jpg
| Riviera, a Purple Journal project |

南青山のCABANE DE ZUCCAにてPurpleの「Riviera」の展示があるとのこと。
招待を頂いたのでオープニングに行ってみた。

Rivieraは南フランス、地中海沿岸、コート・ダジュールの別称。

会場で配られた16ページの冊子はエレン・フライスの次のような言葉から始まる。

I imagine winter in the places where I only go in summer.

季節外れのリヴィエラ…、
Letitia Benat、Jean-Michel Wicker、Muriel Vega、そしてElein Fleiss。
Purple Journalの視点で切りとられた太陽の海岸は静寂に満ちている。

フライヤーで届いた招待状の写真は、おそらくエズ・ヴィラージュの上にある熱帯植物園の写真だと思うのだけれど、この夏、まさに「オン」のシーズンの太陽の下、同じ場所で撮った僕の写真とは全く別の景色だ。季節も太陽も、そして何より「情」の入り方が全く違う。
優しく切ない色はエレン・フライス好みの空気に満ちている。

Purple FashionとPurple Journal、オリヴィエ・ザムとエレン・フライス。
同じPurpleはここまで両極端に世界を極めてしまっているところが素晴らしい。

会場は展覧会とは言えないほどの小さなスペースで、作品の数もわずかであるけれど、
Purple Journal、さらにはリヴィエラが好きな自分にとっては極上の小空間だった。

この展示は12/2まであるよう。


Purple Journalを見ていると、いつも、そこはかとなく旅に出たくなってしまう。
ひとりでカメラを持って、数ヶ月、ヨーロッパを放浪…とかいうのは悪くない。
どうせフランスにしかいないだろうけど…。
by cherchemidi | 2007-10-29 12:17 | et cetera...
Riviera
c0075562_22411294.jpg

| Riviera, a Purple Journal project |

季節外れのリビエラ。
いかにもPurple Journalらしい視点。

(つづきはまた書きます)
by cherchemidi | 2007-10-26 22:43 | photo
Killing in the name of SebastiAn
c0075562_8532139.gif
| SebastiAn |

(笑)

so-me !

7つの異なるジャケット。Walkmanのリエディット。

A - Walkman re-edit
B - Killing in the name of SebastiAn

新作は来年頭だそうですが…。その前に "dafunkfest" …!!!
もちろん神戸にも行きます。
by cherchemidi | 2007-10-26 08:55 | de la musique
la fille au chapeau
c0075562_1545419.jpg
c0075562_155873.jpg




これも遅ればせながらですが…
今季のLILICROBEのイメージ写真を撮らせて頂きました。
ショーの「バックステージ」っぽく。

大きなつばの帽子を見ると、昭和の時代の('80年代なのに昭和な…)銀座、
ことに資生堂あたりのもっていたフランスへの憧憬を思い浮かべてしまいます。
そして、昔のカルピスのロゴマークも…おしゃれでした。


c0075562_15101922.jpg
| photo: sk |
by cherchemidi | 2007-10-25 15:10 | à la mode
Paris Vu Par
c0075562_20495840.jpg

c0075562_20502322.jpg


何度かお仕事をお願いしたイラストレーターのkitoさんから手作りの本が届いた。
もう数ヶ月前に届いていたのだけど、まだお礼のメールを書いていなかった。
青い糸で製本された手作りのイラスト集。
ページをめくるとパリの風景が次々と描かれている。
太い鉛筆のラフながら、味のあるタッチ。

c0075562_20505454.jpg

c0075562_20573089.jpg


以前、彼の作品で、カセットテープのイラストがあった。
白くペンキで塗ったボードにそのまま鉛筆で描かれたカセットテープとプラグ。
その小さなサイズの白いボードを含めて、いたく気に入ってしまった。

その後、彼は何気なくその小さなボードをプレゼントしてくれたのだけど、
イラストレーターさんや絵描きさんにとって原画というのは一枚しかない貴重なもの、
ネガさえあれば何枚も同じものを焼ける写真とは違う。
うれしかったのだけど、ちょっと困惑してしまったのを思い出す。
それはいまでも本棚の壁に立てかけて飾っている。






c0075562_2124951.jpg

| illustrations: ryota kito |

彼が送ってきてくれた冊子の表紙はこういった感じ。
「PARIS VU PAR」と読める。

何ヶ月も机の上にあって、時々めくるのに、まだお礼のメールを書いていなかった、
というのは、「ありがとう、素敵な本でした…」みたいな言葉だけでは足りないのがわかっているからで。
今日はそんな都合のいい言い訳…。
by cherchemidi | 2007-10-24 21:07 | et cetera...
Vin de Siné
c0075562_1365563.jpg
| photo: sk |

以前にここでアンリ・サルヴァドールの引退コンサートのことを書いた際、
断りなくお名前を出させてもらったサルヴァドール委員会、名誉会長の
岡本氏からその数日後にメールを頂いた。
ご存知の通り、岡本氏は現在、雑誌kunelの編集をされているわけであるが、
その音楽ページで久しぶりに「フレンチ」を取り上げることになったのでぜひお話を、という旨。

何枚かの「フレンチ」なレコードをkunel対応(UFFIEはなしで、という意味)で選んだわけだけど、
そのページの原稿自体はキャプションも含め岡本氏自身が取材をして書いてくれるとのこと。
さっそく早起きして(kunelですから)朝イチで取材を受けた。

そのままランチで、ル・ブルターニュへ。
うれしいことに最近の表参道裏の大再編によって、わがアトリエと同じ通りに引っ越してきたガレットのレストラン。
ブルターニュ出身の某キツネのジルダと、なぜかここで2度か3度食事をした。
(オペラのうどんレストランに連れて行かれるのと似ている)

ともあれ、シードルもシャンピニオンも塩バターキャラメルもキャフェも平らげたのだけど、フランス音楽の話は尽きない。おそらく岡本氏と椅子に座ってゆっくり話したのは2、3年ぶりだったように思える。
そんなわけで、取材は終わらず、また後日続きを…ということになった。

岡本氏のほんのりしたブログが好きで、スタート時からずっと愛読している。
なんといってもその語り口とポラロイドが素敵だ。
そもそもfablogのおかげでブログというフォーマットがOUTじゃないかもと、
認識をあらため、ここに自分のアカウントをサインしたのだ。

そのブログでも登場した「Sinéのワイン」。いくらヴァン・ド・ペイだろうが、
これはどうしても飲まなくては…とジャケ買いの悪い癖は治らない。
そんなル・キャバレ熱が高まっていたそのタイミングで、次の取材の約束を頂いたとき、
僕は迷わず取材場所にル・キャバレを指定してしまった。

岡本氏の夕食の時間は18時なのだそうで…、待ち合わせ時間は18時。
テーブルの予約はもちろんであるが、岡本氏は気を利かせてこの「Sinéのワイン」も予約してくれていた。
数本しか入れていないであろうそのボトルは、決して高価なものではないものの、
Sinéのイラストの通り、まだぶどうのフルーツ感の残るフレッシュさ、ああ、これぞブラッスリーのグラスワインという感じ。
驚いたことに栓さえもコルクではなかった(笑)。

もちろんその後にグラスで頂いた別のブルゴーニュは香りだけで、もう別格。
フランス音楽の取材が終わったのかどうかも分からないまま、
その夜、僕は延々とワインばかり頂いていた。
本当のところはフランス音楽のはなしだけではなく、
さんざん話したつもりでいたが、お店を出てもまだ22時前であった。

ボトルも忘れずに、ちゃっかり頂いて帰った。
翌日写真を撮ろうと思い、反射的にポラロイドの690。
同じカメラ、同じ被写体で「きょうのいただき物」。
勝手にポライバルに宣戦布告というわけではなく、返歌のようなものである。
どうしたって、僕の写真は色が濃いようだ。

ボジョレー地区、モルゴン村のマルセル・ラピエールのヴァン・ド・ペイ。
机のわきに転がっていた「フランスワインハンドブック」を広げてみれば、なんとも有名な
マルセル・ラピエール。さらに彼の作ったモルゴンも以前飲んだことがあるのが判明した。


さて空気も乾いて、にわかにワインがおいしくなる季節、今日もランチからワインを忘れません。
同時に秋深くなると、急に恋しくなってしまうのが、フランスの音楽で、
これについては、kunelの次号にて掲載予定…。
by cherchemidi | 2007-10-23 14:09 | et cetera...
la communication visuelle
c0075562_13113385.jpg

| 服部一成展 「視覚伝達」 |

服部先生から、個展のお知らせが届きました。

2007/10/19 - 11/3
Gallery 5610

アート・ディレクターという職業、肩書きはこのところいちばんおしゃれな感じなわけですが、
服部先生の場合は、アート・ディレクターとしてのお仕事と、
アーティストとしての作品が表裏一体でぴったりくっついていて、
「アート」のあるディレクションをちゃんとされているアート・ディレクターだなぁと、
当時ほんのり考えたり、最近もまあ、時々思ったりしてるわけです。
(作品よりご本人の顔をよく見かけるような方々とはちがって)

普通の紙と普通のCMYKの印刷だけで、面白いものが作れないわけはありません。
さらに言葉も文字も要らないかもしれません。
外に求めなくても、可能性というのはいくらでも内包されているのであって、
それを発見して活かすために、頭のすみっこまで使わないとダメなのですね。
と、エラそうなことを思ってみても、そう器用に頭も手が動かないのが現実でもあります。

さて、今回の個展は、広告作品の展覧会とはちがって、「アート」の展示会。
まだ見たわけではないのでなんとも言えませんが、
予告編のようなこのポストカードを見、「視覚伝達」というタイトルを聞いただけで、
CMYKの太い線が入り乱れる面白いものになっているのは間違いありません。

さっそく初日の明日に行ってみようかと…。
by cherchemidi | 2007-10-18 13:31 | et cetera...
Le Portrait de Sebastien avec GMHC
今、パリから届きました!

c0075562_163224.jpg
| photo: L.Brancowitz |

listen to "Sexual Sportswear"

このポートレイトを撮ったのは、フェニックスのブランコ。
すべてが濃い血によって結びついたプロジェクト。
by cherchemidi | 2007-10-18 01:08 | de la musique
Photo du Jour
c0075562_22164986.jpg

| photo: sk |

秋深まる箱根にて。
by cherchemidi | 2007-10-17 22:17 | photo



par 梶野彰一
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧