カテゴリ:à la mode( 113 )
SC pour LV

トマから「12月の頭にソフィアとロミーと東京に行く」という話を聞いたのは夏の前だった。ソフィア・コッポラがルイ・ヴィトンのためにデザインしたコレクションの発表があるというのだ。
その後、そのコレクションに関して熱心に情報をチェックしていたわけではないが、12月5日はパーティがあるから空けておくようにと2ヶ月も前から聞いていた。

そんなわけで、身分不相応ながら光栄にもシャトー・ロブションでのカクテルにご招待頂いた。何を着ていっていいのかも分からないので、首にスカーフだけ巻いておいた。

c0075562_20372442.jpg


2階ではVIPのみなさんとの会食。会食を終え、ゲストの待つサロンへとシャトーの階段をゆっくり降りてくるソフィアは、さながらお姫様というところであった。

サロンでご挨拶で忙しそうな彼女であったが、そんな裏で僕は“プリンス”トマとバーにて再会する。

c0075562_20375834.jpg
c0075562_20382980.jpg



c0075562_2039042.jpg

| Thomas Mars + Sofia Coppola |
もしかしてこの2人のツーショットの写真を撮ったのは初めてだったかも…。

c0075562_20414512.jpg



さて、ウィンドーに飾られた素敵なTHE SC COLLECTIONのバッグと靴。
結局、僕はそれらがおいくらするのかも知らないままで、トマとソフィアに挨拶してシャトーを出た。
週末は家族で箱根で過ごすのだと聞いた。
初冬、快晴の箱根から富士を眺めたことだろう。


LVさん、SCさん、素敵なソワレにご招待ありがとうございました。

ではまたパリで。
by cherchemidi | 2008-12-07 21:21 | à la mode
A.P.C. chez Régine
c0075562_1238291.jpg



今回のファッション・ウィーク中、毎晩のように何かが起きているのがリニューアルして生まれ変わった「Le Régine」。

シャンゼリゼの一本裏にあるこの老舗のディスコティックを再起させたのはまたもアンドレとリオネルで、相変わらずの赤い内装に、シャンパーニュなんかを頼むと、とんでもない請求がきてしまう(それでもナマぬるいビールにお金を払わされるよりはまし)。
「Régine」と聞いて、?、ピンときた方、その通り、元々あのシャントゥーズ(セルジュもシングルを手がけていた)、レジーヌのお店です。

さて、「Le Régine」、金曜日はA.P.C.のプライヴェート・パーティがあり、THE TEENAGERS、TONY FRONTAL、DAN & EWAN (TROUBLE RECORDS)、COSMO VITELLI と素敵な名前が並ぶこの夜に、光栄にも僕もDJとして参加させてもらうことになりました。

招待者オンリーのパーティですが、僕の方でも招待枠があるので、パリにいらっしゃる友人の皆さん、招待状が届いてなければ、メールかお電話いただければゲストリストにお名前を入れさせていただきます。

Le Régine
49 Rue de Ponthieu 75008 Paris
(my space)
by cherchemidi | 2008-10-02 13:00 | à la mode
H et M
c0075562_2523089.jpg

| H&M GINZA |

明日13日のオープンに先がけ、H&M 銀座のプレ・オープニングにお誘い頂いた。

H&M を「アッシュ・エ・エム」と読めば、フランスかぶれをアピールするには絶好の機会である。2003年だったかカール・ラガーフェルドがH&Mのためにデザインしたジャケットやらシャツやらは、とにかく急げとばかりにパリで手に入れたものの、結局タグが付いたままで着ていない。そのジャケットには、カールのイラストの入った下げ札とともに99ユーロのバーコードも付いている。
一方、旅行の途中で着替えがなくてH&Mで買ったグレーのTシャツ(原産国の名前も読めないほどの第三世界製、4.9ユーロ)は、クタクタになった今でも愛着している。MUJI や H&M の正しい使い方は、そういうものだと思っていた。

この秋はコムデギャルソン for H&M が展開されるそうだ。

さて、G (USA)、Z(SPAIN)、U(JAPAN)、TS(UK)、HM(SWEDEN)…、世界のいたる街のマーケットにすきまなく広がっていく安価な洋服の量販店の拡大は、なんとなく10年前の外資系レコード店の拡大に似ているようだけど、大きく違うのはTOWER (USA) vs HMV (UK) という2国間だけ(あるいはVirgin (UK)でもよいのだが、決してそこにFnac(FRANCE)は参戦できなかった)であったのに対して、これは世界大戦のような点だ。

一見「整然」とした世界の均一化が、これほどまでに「歪」に映るのは、なぜだろう?
by cherchemidi | 2008-09-13 03:27 | à la mode
Samurai Fiction
c0075562_357173.jpg
c0075562_3574929.jpg

| VOGUE HOMME JAPAN |

VOGUE HOMME JAPAN 創刊号が届いた。
表紙がモノクロじゃないだけで驚いてしまった。エディの久しぶりのカラー写真。
さらにピンク、シアン、イエローのバックで撮影とは…。
東京で撮影された「SAMURAI FICTION」。
サムライ、フリョウ、キティ…と、カリカチュアライズされた「ジャパン」のクリシェで固められたそのストーリーは、エディのプロジェクトいうより、やはりスタイリスト氏の作品であるように感じましたが、いかがでしょうか。
100の質問はさすが。

エディのすぐ後は本城氏の原宿が扉であった。
洋販が倒産してしまってもVOGUE HOMME INTERNATIONALは入手できる。そんな日本であるからこそ、カリーヌ・ロワットフェルドの手は及ばぬ、豪華配陣でローカライズされたVOGUE HOMME JAPANに需要があるのだろう。

発売日、神宮前のコンビニでは開いてすぐにクレジットのページを見入ってる人を見かけました。悪い癖です。

c0075562_3585925.jpg

by cherchemidi | 2008-09-12 04:30 | à la mode
around ROCK DIARY:
c0075562_22444468.jpg

| honeyee.com |

本日 honeyee.comのリニューアルにあわせて、Hedi Slimaneのインタヴュー記事がアップされました。
こちらです。

こちらはウェブ・マガジンで、さほど文字数の制限もなかったので、できるだけ編集しないでインタヴュー形式でまとめました。彼のROCK DIARYからの写真を織り交ぜながら、10ページにもなってしまいました。多少話が前後しつつも、エディの熱い生の言葉がここにあります。



——ファッションはとてもヘヴィなオーガニゼーションです。
デザインすることは楽しいけど、それ以外はもはや悪夢です。
by cherchemidi | 2008-09-09 22:50 | à la mode
Young Parisiens
c0075562_12522261.jpg

| FIGARO JAPON |

エディ・スリマンに取材した記事が、本日発売のFIGARO JAPONに掲載されました。

彼の新しい写真集「ROCK DIARY」の発売にあわせてのインタヴューではありながら、誌面に並ぶのはエディ最新のプロジェクトであるパリジャン、パリジェンヌのポートレート。

文字数が限られていて、インタヴューで頂いた言葉の半分にも満たない言葉しか掲載できなかったのは残念ですが、それでも内容の濃い記事にまとまっていると思いますので、お目通し頂ければ幸いです。

興味深いのは3月にフェニックスに取材した際、彼らの口からも発された“フレンチネス”という言葉が、エディの発言の中でも繰り返された点。

パリが、フランスが、20年間に渡ってこの僕を魅了しつづけているのはこの“フレンチネス”の感覚でしかありません。もはや、かわいらしいだけのフレンチの虚像にはまったく興味がありません。

彼の発言からも分かるように、今まさに、この“フレンチネス”の再定義の過程に面していることを感じさせられます。それはまるでアセンションのようで、'97年あたりからの継続的な緩やかな過程であるようにも思えるし、この数年の短期的サイクルで起きているようにも感じます(間違ってもフレンチ・エレクトロとかのことじゃないよ)。
by cherchemidi | 2008-09-05 13:51 | à la mode
Hiroshima
c0075562_2016832.jpg
c0075562_20162647.jpg
c0075562_20164470.jpg
c0075562_2017061.jpg
c0075562_20172271.jpg
c0075562_20174457.jpg
| F.I.L. Hiroshima | photo: sk |
by cherchemidi | 2008-09-01 20:29 | à la mode
HS pour VOUGE HOMMES
c0075562_21513662.jpg


feat. Hedi Slimane
by cherchemidi | 2008-08-20 22:02 | à la mode
POPTONEZ
c0075562_1143710.jpg
c0075562_1145996.jpg

| photo: sk |

UNDERCOVER、パリで初めてのメンズ展におじゃまして撮影してきました(h)
下はたしかLe Mondeだったかの記事。

実は気がついたときにはすでにポスト・パンクの時代であり、その後もコンサヴァ一直線で、なぜか原宿さえ経由できなかった自分ですが。
by cherchemidi | 2008-08-07 11:07 | à la mode
A.P.C. Aoyama
c0075562_233342.jpg
c0075562_23524.jpg
c0075562_241190.jpg
c0075562_243075.jpg

| JT and the friends | photo: sk |

A.P.C.の新しいブティックが先週末、北青山にオープン。
今回はオフィシャルとしてパーティとライヴの撮影をさせて頂きました。

レセプション・パーティのためにジャン・トゥイトゥが来日し、自らが率いるバンドで熱唱…。
猪野さんを迎えた日仏混合バンド。
笑ってはいけないのだけど、そのあまりのストレートなロックおやじぶりは微笑ましくさえある。

ライヴの写真を気に入ってくれたJT氏からは、さっそくショップに貼りたいから引き延ばして額装してくれ…といううれしいお言葉。

後日の取材はまた改めてhoneyee.comで原稿にします。

c0075562_244427.jpg

| JT | photo: sk |
by cherchemidi | 2008-08-05 02:17 | à la mode



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧