Toi et Moi, C'est Comme Tu Sais ...
c0075562_10293925.jpg

| "Divine" Sébastien Tellier |

セバスチャン・テリエは今や国民的なスターだというのは、今やまんざら嘘ではない。今夜行われる Eurovison Song Contest のわがフランスの代表アーティストである。Eurovison は読んで字の如し、ヨーロッパ各国の代表アーティストによるお国対抗歌合戦みたいなもので、50年代から続いているという。

かつてフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」は1965年のグランプリとなっており、フランス盤の7インチでも、堂々「Eurovision Grand-Prix」の印刷が入ったものもあった(真のオリジナルはその印刷が入ってないものだ…なんていうレコード・コレクターズな情報もあり)。

ともかく今年のEurovison 2008のフランス代表はセバスチャン・テリエというのはずいぶん前に決まっていたのだが、そのノミネート曲が「Divine」に決まったのは3月のこと。そこで、大きくメディアに取り上げられるようになった際、ある政治家が「フランスの代表アーティストが英語で歌っているのはどうしたものか」というような苦言を呈した。そもそもラジオでかかる曲の何%以上はフランス語でなくてはいけないというような母国語を保護する法律さえあるフランスである。ポップ・ミュージックのグローバリゼーションに大きな抵抗を抱くこの国の代表アーティストとして、セバスチャンは歌詞の“一部”にフランス語を入れて歌うことを決断した。このニュースはTVでもスキャンダラスに取り上げられ、セバスチャンもうれしいやら、困ったやら…というような言葉を漏らしていた。

そういうわけで、「Divine」にはすでに2ヴァージョンが存在する。
DangerやらMidnight Juggernauts、Kasper~のリミクスとは別に、オリジナルが2ヴァージョン。Eurovision ヴァージョンと、オリジナル・ヴァージョンがあるわけである。まあ、普通に聴くには全然スルーしてしまうかもしれないけれど、フランス語多感症の自分のような人間には、あのセバスチャンのフランス語が響いてくれば、すぐさまに反応してしまうというわけである。

youtube の Record Makersのページではその2ヴァージョンのヴィデオが観れるので、気になった方はどうぞ(ちなみにヴィデオに出演しているのはセバスチャン・テリエ本人ではありません)。
<オリジナル>
<フレンチ>

そして今夜、ベオグラードでEurovison コンテスト!
さてセバスチャン・テリエの「Divine」は欧州でナンバー・ワンのポップ・ソングになり得るのだろうか。並んでノミネートされた顔ぶれを見てたら負けてもぜんぜん悔しくない感じの別世界の音楽人たちばかりであろうが…、そんな話をいましていたのでは、負け惜しみを先に言っているようで悔しいので、しっかり静観しておこうと思う。

もちろん裏ではモナコ・グランプリを気にしつつ…。
by cherchemidi | 2008-05-24 11:09 | de la musique
<< TWENTY-ONE ONE-... In Love with You >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧