le festival des courants émergents de la culture contemporaine en Europe
c0075562_7493452.jpg
フランスの雑誌「TECHNIKART」がプロデュースする「ヨーロッパ現代文化フェスティヴァル」というのが開催されるという。
先週末に電話があって、昨日、日本に着いたと言うTECHNIKARTパブリッシャーの二人、ギヨームとファブリスに会いに。なんでもこのフェスティヴァルでヴィデオ・プログラムの上映が何本かあって、そのうちのいくつかをプレゼンテーションしてほしい…とのこと。

そのヴィデオはそこそこ楽しめる内容で、都市の“標準的”な生活へのアンチ・テーゼみたいな例を紹介した「Alternatives Urbaines」と、フランスだけではなくヨーロッパ全体の音楽の流れを紹介した「Vibrations Musicales Européennes」(かなり貴重なのは、アルプスの山の上で、ほとんど素顔、サングラスとキャップという露(あらわ)な姿でインタヴューに答えてしまっているDAFT PUNKの映像…)という2本のプログラムについて、簡単なイントロダクションを担当する事になった。

ただ、とても不安なのは、このフェスティヴァルについて誰も知らなすぎなこと…。
「ヨーロッパ現代文化フェスティヴァル」…なんか名前も固いし…長いし…。
何より、すでにもう明日と明後日。
相変わらず、フランス人のテキトーなプロデュースぶりに驚かされる。

一応告知しておくと、このヴィデオ・プログラムの上映は東京日仏学院・エスパス・イマージュにて。入場無料。
詳細のプログラムはmarie claireの最新号に挟み込まれているテクニカート日本版(表紙はエディ・スリマン)の最後に載っているのだけど、ちなみに「Alternatives Urbaines」は21日12:00から、「Vibrations Musicales Européennes」は22日の14:30から2本立て。
さらに22日の夕方の日仏学院でのガーデン・パーティの予定を見ると、「Live: Bertrand Bulgalat」…。ただまだ昨日の時点で来日は確定していないとかで、みんなで一緒に電話してみるも…つながらず。本当に来日するのか、ベルトラン…?
そして22日の夜はLA FABRIQUEでのパーティにはPedro WinterとAngie Reed (Chicks On Speed Recordsの!) が登場。情報に間違いがなければ入場無料とのこと。

そんなオフィシャルながら不確定な詳細はこちらで。

FEISTの来日やらFPM10周年 in 京都やら、大変な一週間の始まりを予感。

c0075562_8372378.jpg
by cherchemidi | 2005-09-20 08:09 | et cetera...
<< feist, j'ad... Serge Lutens >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧