Festival du Films Français Yokohama 4
さて翌日、フランス映画最終日の日曜日。
今回のフランス映画祭のウラの目玉はこれだったり。
「ロバと王女」リヴァイヴァル!!!、秋の公開に先駆けて先行上映。

c0075562_4513350.jpg
監督:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
主演:カトリーヌ・ドヌーヴ

もう10年も前、「ロシュフォールの恋人」がリヴァイバル上映さえたときは大げさでなくオープニングで全身に鳥肌が立ち、涙がこぼれた。
オープニングから、なのだからもちろんストーリーで泣いたのではない。
何度も何度も愛聴していたサントラ盤がミュージカルの映像付きで観られた感動だ。

今回の「ロバと王女」も、音楽ファン的な視点では、きっとそういう見方になってしまいそうだ。
ただこれまでのドゥミとルグランの作品「シェルブール」や「ロシュフォール」(あとローラだっけ?)と違うのは、これは寓話。それもペローの原作。
とはいえルグランの鳥肌な音楽とともに、相変わらずの総天然色なきれいな色で映画は始まった。美しいドヌーヴを中心に。
ただやはり世界観がビザールで、感動の渦に飲み込まれるのを抑止してくれた。。。

映画が始まる前には、なんとジャック・ドゥミの実の息子、すなわち、アニエス・ヴァルダの息子、マチュー・ドゥミ氏がステージに上がってティーチイン。
今回のリヴァイヴァル(フランスでは昨年公開されていた)にあたって、彼も関わったというフィルムの修復の話や、父、ドゥミとの思い出話などを語ってくれた。

ルーカスのトリロジーのフィルム修復の話とも相まって(ウソ)、なんとも感動的だった。

いや〜ともかく、今回「ロバと王女」、ついについにスクリーンで観られて感動しました! 
ありがとう!!!!
いや〜やっぱりフランス映画ってほんと〜に素晴らしいですね〜。
そんな横浜フランス映画祭。もうすでに来年の6月が楽しみです。

STAR WARSの写真をアップしたら、なぜかグッとこのブログへのアクセスが増えてしまいました。おお〜、このままではオレのアイデンティティが崩れる、なんて思って意地になって、ガンガンとフランス映画祭のネタをアップした訳ではありません。そもそも僕は今、映画評論なんてやってる場合ではありませんでした。失礼。
by cherchemidi | 2005-06-28 05:10 | j'aime le cinema
<< Au Matin Festival du Fil... >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧