Méditerranée ?
c0075562_21334034.jpg

ここ数年の通例として、ゴールデンウィークになると海へ。
地中海に行きたかったけど、そんなお金も時間もなかった。
で、瀬戸内海です。
一日のうちに飛行機に乗ったり、3回も船に乗ったり。宮島で数時間を過ごした。

以下、言い訳。

昨年末セバスチャン・テリエとRobが来日した際、最初の夕食での席での話だったと思う。
彼らはこれまでいろいろ旅をしてきた中でカリブのとある島が
これまで訪れた中で最高の場所だったということを力説して聞かせてくれた。

それから東京で2回のコンサートを終えた彼らは、一週間のオフで京都をはじめ
日本を旅してくると言って出かけた。
前にも書いた通り、セバスチャンとは以前に京都は旅行した。
今回は彼女も一緒でぜひ一緒に訪れたいというようなことだったらしい。

12月、日本での休暇。
フランス人は一年中どこでも休暇をとることしか考えていない、
そう見えるのはきっと自分だけではないはず。

数日後、東京に戻ってきた一行、最後の晩にまた飲もうということで新宿へ。
雨だった。
「京都はどうだった?」という質問をするよりも前に、
「京都が素晴らしいのはもちろんだが、宮島という小さな島に行ったのだが、
これが素晴らしく、これまで訪れた中で最高の場所だった…」と語り始めた。
そのカリブのとある島は比較にならないらしい。
12月の瀬戸内海…。そんなものだろうか…?といぶかしげな僕に、
「行ったことあるでしょ?」 とたずねられたが、
自分は宮島は単なる地名ではなく、実際に島なのだ…ということを
そのとき初めて知ったほどに無知で興味を持っていなかったのだ。

台風の後で映る厳島神社の映像くらいしかイメージがなかったのだから。

というわけで、彼らが、それは「あり得ない(C'est Pas Possible)」と騒ぎ立て、
(※まったくの余談だが、最近よく使われる「ありえね〜」などの表現は
フランス語の常套句「C'est Pas Possible」の直訳から広く浸透した…と考えております)
じゃあ、今度機会を作って行ってきましょう…というわけだった。

宿泊するでもなく、午後を過ごすだけの宮島訪問はもったいなかった。
ほんとうは島をもっと歩いたり、ロープウェーなどで高い所にも登らなくては…。

ただ、季節は完璧で、これらの写真とともに
宮島の旅の話をセバスチャン、Robに伝えようと、
思ったのだけど、彼らのメールアドレスを持っていないことに気付いた。
エアメールでも送ってみようか。

結論としては、宮島はもちろん神社も鹿もサントロペ(?)も素晴らしかったのだけれど、
海が好きな僕は宮島へは海を渡ってでしか行けないという点が一番好きだった。

c0075562_2195268.jpg
c0075562_21102691.jpg
| 宮島 | photo:SK avec l'appareil-photo Panasonic DMC-LC1 |

by cherchemidi | 2005-05-11 21:04 | monologue
<< A.P.C. LA MER 4 >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧