Kahimi Karie
c0075562_2027582.jpg

| JZ Brat 渋谷 | 26 Nov. 2004 | photo: SK |

金曜日、京都から戻り、渋谷クアトロに向かう。
カヒミ・カリィのコンサート。

と、愛しのカヒミ様のこと、特にパールの長さについて、回想しようと思ったら
外出の時間となってしまいました。またあとで時間があれば書きます。

あ、それから、写真は昨年11/26のJZ Bratのものでした…。
失礼しました。

----------------------------------------------------------------------------

(4-26 追記)

外出、意外にも長引きました〜。
ぼんやり白む朝もやの中、帰宅。
もちろんデヴィッド・ハミルトンにオマージュしながら帰宅。

で、金曜日のカヒミさんのコンサートは、これまでにも増してアヴァンギャルドでした。
大伴さん(大友さん?)と彼のバンドが、まあ、すごくて。
ジャズ。
アヴァンギャルドというよりはインプロヴィゼーションなのでしょうか。
言葉の問題は別として、彼女は歌手というかシャントゥーズというか、
ともかく「歌う女」としての立ち位置に対しては、もう座り心地が悪くなっているのでしょう。
圧倒的な存在感。 完全にアーティストです。
その圧倒的という空気を支えているのは、またオーディエンスでもあり…。
途中から僕はステージのカヒミさんよりも、オーディエンスの目とか口元とか
無性に気になってましたよ。
あの音とかつぶやきから、どういった思考が張り巡らせるのでしょうか。
そういう意味では一方的。
あ、僕の場合は正直、頭も真っ白だったり真っ黒だったりです。

コンサートの後にはたくさんの久しぶりの再会…っていうのが最近のパターンで。
小山田氏はじめみんなに何やってるの?と聞かれてばかり。
その小山田氏、スチャダラパーと電気グルーヴとがコラボした曲のリミクス制作中…、とかで、その電気グルーヴにはまりんさんも参加してるとかで、ああ、もう覚えられそうになりくらいいっぱいいっぱいの情報でした。
というか、アルバム、激・待ってますよ、コーネリアスの!

それから久しぶりにカヒミさんの飼ってるフレンチ・ブル、ゴメスに会いました。
パリぶりでした。東京に帰化するとか…。
あ、カヒミさんと何をお話ししたかは覚えてません。ボーっとしてたんで。
というわけで、カヒミ・カリィの本が出てたそうなんですけど、これも見てませんでした。
回想になりませんでした。
by cherchemidi | 2005-04-25 20:34 | de la musique
<< Gomes SHOTO >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧