Amour de Saint-Tropez
c0075562_18172513.jpg



クリスマスの少し前、南仏サントロペを訪れた。
パリでは雪が降っているというのに、幸運にもサントロペでは太陽に恵まれた。

実は3度目…ただし今回はほぼ10年ぶりとなる訪問。そして初めての冬のリビエラである。

かつては「南仏のサンジェルマン・デプレ」とも呼ばれたこのスノップな港町を知らしめたのは、たぶんブリジット・バルドーの存在が大きいのだろうけど、90年代当時、僕をその地にいざなうきっかけとなったのはなによりもSampéのイラスト集「Saint-Tropez」(Amazon)であり、マリー・ラフォレが「Sanit-Tropez Blues」をつま弾く映画「赤と青のブルース」(Amazon)であった。


ニース空港から長い旅路を経て深夜にその港町に着いた時から僕の気持ちは昂っていて、ホテルに着くと、いてもたってもいられずベッドに入る前に港まで深夜の散歩をしたほど。


もちろん朝は太陽が昇る前に目覚めた。

冬の冷たい太陽の中、10年も前の記憶の中の地図をもとに散策する。面白いくらいにいろいろな思い出とともに小径と小径が繋がっていく。

c0075562_183154100.jpg

c0075562_18322989.jpg

c0075562_1834623.jpg

c0075562_18342649.jpg

c0075562_18351464.jpg


パリ以外での町での春夏のファッション撮影という任務を果たすなら、今、この港町以外には考えられなかった。そう、もちろんカフェ・セヌキエでのCHANELのクルーズ・ラインのショー、そしてAndréのホテル・エルミタージュ…。

そして何よりかつての自分がエルベ・シャプリエのリュックを背負って歩いていた町に帰ってみたかったのだ。
僕も何も変わっていないけど、愛しのサントロペも大きくは変わっていなかった。
ただ冬のこの町は夏の喧噪と倦怠とは別の顔が見え隠れして、興味をそそる。

(つづく)

c0075562_18504749.jpg

| Amoure de Saint-Tropez | photo: sk |
by cherchemidi | 2011-02-25 18:51 | photo
<< Requiem pour Ga... mes vacances à ... >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧