South Ferry
c0075562_16183155.jpg

| photo: sk |

NYに行ったら「自由の女神」を観なくては…というのは半ば強迫観念のように頭にこびりついていた。
そして出来ることなら船に乗って甲板から海の向こうにマンハッタンを眺めてみたいとも思っていた。
これは僕のトラウマ・フィルムともいえるジャームッシュの『パーマネント・バケーション』のせいだ。
ご覧になった方ならご存知の通り(この後観られる方、以下、ネタ書いてます)、最後、主人公の彼はNYを去って“君のバビロン”となるだろうパリに向かうわけである。
NYに発つ数時間前、パッキングが終わってから成田に向かう前にこの『パーマネント・バケーション』のDVDを観た。果たして若き時代の僕はこの言葉の影響でパリにバビロンを求めてしまったのだろうか?

ともかく僕が短いNY滞在でようやくマンハッタンの南の端の港(確かあの主人公はブルックリンの港からNYを去るのだが…)にまでたどり着けたのは最終日の午後だった。
その日PHOENIXのサウンドチェックの直前で、船に乗る時間も、ゆっくり自由の女神を拝む時間もなかったので、対岸から写真を数枚撮っただけであった。
そもそも自由の女神像が、島にあるなんていうのはほんの少し前にガイドブックを読んで知ったばかりだった。
そういえばパリの自由の女神もセーヌの浮き島に立っているな…。

今やNYを最も象徴するような女神像だが、フランスかぶれのみなさんならご存知の通り、あれはフランスが独立100周年の記念に贈ったもので、モデルはフランスを象徴する女神マリアンヌである。
皮肉な親仏家のクリシェとしては「アメリカには自由はない。アメリカの自由なんてフランスが贈ったものだ」なんてのもある。

そのクリシェはさておいたとしても、9.11以降のアメリカを見ているとその「リバティ」という言葉に厚みが感じられない気がしている。
by cherchemidi | 2010-10-27 17:18 | monologue
<< ISE, Le Rayon d... Funky Square Ga... >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧