Shanghai Rhapsody
c0075562_124114.jpg



上海。
万博開幕直前に沸くその街にLouis Vuittonの大型店が2店舗同時にオープン、さらには万博会場のフランス館でもLouis Vuittonによるプレゼンテーションが大々的に行われるということで、HF氏、鈴木編集長とともに記録係としてご招待頂いた(その記事は近々ハニカムで)。

当然ながら、僕にとって中国本土の地を踏むのは初めてである。
その最初の機会が万博開幕直前の上海、それもフランスのブランドからのご招待というのは、とても幸運である(なにしろあの広い万博会場で、唯一我がフランス館にだけ行けばよいというのであるから)。
Grand Merci pour LV!!!

c0075562_136786.jpg
c0075562_1364841.jpg



到着直後の万博会場のプレス・ツアーからはじまって、思った以上に多くのイベントが詰まっており、有り難いことにトランスポートまで全て手配してくれていた。
そんなわけで実際に町を歩いて見る時間は限られていたのだけれど、上海で最も高いビルの高層階にあるリュックスなホテルを用意して頂いていたおかげで、毎朝、早朝になると遮るもののない角度で朝日が差し込んで否応なく目を覚まさせてくれる。
6時に起床、集合時間までのたっぷり朝の時間を、カメラを片手に散策に充てることが出来た。

c0075562_2493866.jpg
c0075562_2492810.jpg


とりあえずはホテルの部屋からだとガスに霞んで見える下界へ降りて、アリンコのような歩幅で地下鉄の駅らしき方向を目指し、なんとか切符を買いながら地下鉄に乗りこみ、いくつか先の駅で当てずっぽうに降りてみる。「人民広場」、いかにも町の中心のような駅名じゃないか。

町に出てとにかく感じたのは埃っぽい空気だ。
スモッグのようなガスなのか、至る所で行われている工事でまき散らされる埃なのか、はたまた黄砂なのか、とにかく埃っぽい。
地上87階のホテルのラウンジからは、晴れた日でさえ下の方がぼんやり霧がかかったように見える。

それから「人が多い」という月並みな印象は、東京から来た者にとっては正直それほどの驚きではなかったけれど、その人がなんだかパワフルである。話し声の大きさや身振り手振り、信号は守らないで突進して来るわ、列を作れないで突進して来るわ、一人一人というよりも、団体としての「民力」のようなものがすごくてそのパワーに圧倒されそうになる。
まだまだ市民が「シビライズド」されていないというのは、なんとも上からの目線の感想ではあるけれど、数日過ごしているだけで、やっぱりそう感じないではいられない場面に何度も遭遇する。


ただしその違いこそ、僕が今回の上海を楽しく見れた一番のポイントである。
誰が決めることか知らないけれど「インターナショナル・スタンダード」というものがあって、それに照準を合わせてグローバルに「シビライズド」されてしまった中国の市民の歩く町を見ても、きっと何も面白くないだろう。


とはいえ、今の上海は全くの世界と肩を並べる資本主義都市である。
ものごとは全てお金で動いていて、実際(本物の)Louis Vuittonのバッグも本物の値段でバンバン売れている。
この世界の状況にあっては、逆にその消費の勢いの方が不自然な感覚さえ覚える。(一方で僕が上海で使ったお金は1万円以下であった)
マクドナルドのハンバーガーの味を教えられ、スターバックスをショートだのトールだの注文している。PAULのサンドイッチも買える。
H&MもZARAもユニクロも軒を揃えてMADE IN どこかの洋服を売っている。やっぱり世界は強引にもフラットに押し広げられている。
現代の中華人民共和国の共産主義って何なんだ? 国家が統制する資本主義って何なんだ? そういうことが頭の片隅で気になりながら、赤い旗の下で何日かを過ごした。

c0075562_333981.jpg
c0075562_2503555.jpg
c0075562_137669.jpg


そんなフラットな町の様子の反面、噂には聞いていたが、実際に中国では「Facebook」にも「Twitter」にもアクセスできなかった。さらにあろうことか、僕のこのblogにもアクセスが出来なかったのである(もちろんずいぶん偏ったレイシスト的思想と趣味で綴られたログだから仕方ないのだが…)。
おかげで、というわけではないけれど、ずいぶん「オフ」の状態に慣れて、あるいは「オン」に戻るきっかけさえ失ってしまいそうになっていた。
blogもしばらく書かないと、なかなか書きだすきっかけが持てないし、Twitterも何をどうコミュニケートしていいもんだっけと、口を閉ざしたままになってしまったわけだ。

(というわけで少々のエクスキューズとともに、上海の日々…つづく)






(おやつ)
c0075562_343571.jpg

by cherchemidi | 2010-05-07 03:07 | monologue
<< le petite livre... Photo du Jour >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧