À LA VIE, À L'AMOUR
c0075562_1043698.jpg


週末、今年のツール・ド・フランスもいよいよゴールしたらしい。
(伊藤先生のblogで思い出した…w)

どうも他人事のような口調になってしまうのは、友人には熱心なファンもいるのに、僕は日々の中継を見てたわけではないからである。それでも毎年このフランス国を挙げての夏の一大行事は気になっていて、「今年はコースがいい」というような話くらいなら、こんな僕にでも出来るのだ。チームや選手の名前が覚えられないままなのは、先述のモナコ・グランプリのごとし。

先日、パリから飛行機に乗ったのがちょうどツールのスタートの翌日で、機内でキャビンアテンデントさんが配ってくる新聞の中から「L'EQIPE、シルヴプレ」と頂いた。初日のモナコでの写真が大きく伝えられたスポーツ新聞である。これからはじまるツールの日程も載っている。
モナコ〜ニース、南仏からスペイン、マドリッドへ、ピレネー、スイスの山岳もあり、これは見ているだけで楽しそうだ。

c0075562_10432154.jpg


日本に帰って、ツール好きであり、自転車乗りの友人であるYくんに、さっそくこの新聞の写真を送った。
「『À LA VIE, À L'AMOUR』とはまさにツール・ド・フランスを表すのにぴったりの表現だ」と彼は言ったが、「同時にそれはそのまま夏のフランス人の人生観のようなものでもあるなぁ」と僕は返した。うん、まさに。


わが家のテレヴィ・エンターテイメント環境はとてもプアーなもので、「一般的に映る」チャンネルしか見られない。
それでもなぜかスタートして何日目かは運良く無料放送か何かの恩恵に賜ったらしくCSのスポーツチャンネルで中継されている南仏でのレースの様子を見れたのだが、それ以降は何度かチャレンジしても映らないままであった。以降は思い出したようにインターネットのオフィシャルサイトで毎日のダイジェストを見たくらいだ。

モナコ・グランプリ同様、いやそれ以上に夢中になれるのはレースそのものより、フランスの町の美しさだったり自然の雄大さだったりする。特に鳥瞰のカメラで追う山岳のコースなんかはみていてドキドキする。

有料放送の番組は見られないが、これは「勝手に写ってくれている」NHKのBSで恒例のダイジェスト版が放映されるようだ。これは見ないと…、そんな時間に家にいれば。
by cherchemidi | 2009-07-28 10:46 | et cetera...
<< Heaven Can Wait... GR DIGITAL III >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧