I HATE ROCK'N'ROLL
c0075562_13135526.jpg

| photo: sk |


I HATE ROCK'N'ROLL

A.P.C.から届いたプレスリリースにはジャンおじさんからのアイロニックで挑戦的な言葉が並んでいた。
(以下抜粋)

____________________

ぼくはロックンロールなんか大嫌いだ 。
誰もかも常に写真に撮られたがる時代、これぞ日常の悪夢さ。十万、百万とあるブログの数、そしてゴキブリみたいなヤツがルックスをきめてセレブごっこをする時代。。。ウォーホルの生まれ代わりのふりをする者、でたらめな革命を起こす者。。。これぞシャラロックだ。 シャララ族のロック。(仏語でシャララ族は‘表面世代’を指す)
(中略)
アメリカにはこういう賢明な表現がある。‘雨の後には太陽が現れる’。音楽産業が危機に沈む 中、この現象は才能すらない自己中心の空話症達を落下に導き、そして多くのミュージシャンはやっとポーズやうわべよりも音楽に集中し、卑賎で働き者であることがインスピレーションたっぷりでビジョネアであることと同じくらいに大事だと気がついた。 この新しい動向から生まれた新世代のバンド 、Housse De Racket,Chateau Marmont, Koko Von Napoo, The Teenagers……(以下略)

ジャン・トゥイトゥ
____________________


というわけで、
Jean Touitou avec
HOUSSE DE RACKET + KOKO VON NAPOO + THE TEENAGERS
のスペシャルバンド。
機材のトラブルがあった上、披露されたのは2曲のカヴァーだけであった。
一曲はビートルズの「Wait」、そしてミシェル・ベルジェの(タイトル失念)。

ベルジェといえば、70年代に注目を浴びたシンガーソングライター、フランス・ギャルの旦那で彼女の70〜80年代をプロデュース。「MUSIQUE」を書いたひとと言った方が通じるか…。

c0075562_13141619.jpg
c0075562_13144749.jpg
c0075562_13315012.jpg
c0075562_133226.jpg

| photo: sk |

KOKOのマリオンはA.P.C.本社でプレスを担当している才女だし、最近フランスに戻って来たTeenagersのクエンティンは今では週一回、A.P.C.にグラフィックの仕事のために出勤しているという。
その本社のベースメントにジャンおじさん自慢のスタジオがあることは以前にも書いた通りだが、昼休みや仕事終わり(といっても19時にはみんな仕事を終えるのだ)に「ちょっと下で練習するか?」といったノリの社内バンドの感は拭えない。いい意味で(笑)。この趣味的/余興的な音楽との接し方はとてもA.P.C.的である。

ジャンへのインタヴュー記事はまた後日、honeyee.comで。

c0075562_13145748.jpg
c0075562_13151177.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2009-06-12 13:36 | de la musique
<< Vicky Cristina ... Synthétiseur >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧