Elizabeth II dans Lofars
c0075562_18253677.jpg



ローファー・フィーバーの火付け役は、もちろん昨年夏に会ったエディ・スリマンの足下だった。昨年の7月、東京滞在中の彼はずっとライダースにローファーだった。

さっそく8月は暑い中、靴屋を巡りローファー研究。結論、本当はAlden や Brooksのものが欲しかったのだけれど、僕は靴を大切に履けない人間だ。ローファーのまま自転車にも乗るし、スニーカーのように履きつぶすにはAldenもBrooksも高価すぎる。躊躇していたらアトリエの近所の古着屋でG.H.Bassのローファーに出会った。バーガンディ、サイズがぴったりのユーズド、迷わず購入した。

その後、10月のパリでは例のル=タン姉妹とともに、パリでローファー・フィーヴァーに沸いた。
ローファー研究の仲間でもあった彼女たちは「REGAL」どころではなく「HARUTA」までも知っている。結局、僕らの愛するのはまさに学生の履いているローファーだったのである。

言い訳でもないが、毎日のように裸足で履いていたものだから、だいぶ傷んでしまっていて(鈴木編集長のblogにてご確認ください)、これでは「おしゃれは足下から」どころではない。3月には同じくBassをさらに2足、今度はバーガンディと黒を追加して買った。気に入ったら同じものだけ買えばいい。これはスーパー・スノッブなパリの友人に学んだモノマニアック(単一嗜好主義)である。上の写真を撮るために新しい一足を箱から出してみた。

POPEYE別冊の「Oily Boy」を熟読しすぎたわけではないが、ペニー・ローファーは「ペニー硬貨」を入れて完成と思っていたので、さっそく先日のロンドンではペニー硬貨を捕獲して、そのクイーン・エリザベスII世を足下に忍ばせた。実はこれもル=タン姉妹と共犯である。

ところが実際は、3足分計6枚のペニー硬貨が手元になく、1足分は「2セント・ユーロ」硬貨で代用している。スーパー・アメリカンな J.H.Bass への、ユーロ至上主義からの唯一のかすかな反抗。
足下のオシャレにもうるさい近所の友人Eくんからは「J.M. Westonですか?Aldenですか?」ともちろんフランスの靴屋の名前を挙げられるものだから、「いいえ、Bassなんです」とは答えにくい。

先週末、京都のF.I.L.のオープンの前日、その日はどうしたものか、その午後だけで4回、人に会う度にこのペニー・ローファーのことが話題に上って、その度に「Bassです」「ユーロ硬貨なんですが…」と繰り返すのも、われながら恥ずかしくなった。
ただひとり、visvimの中村氏だけは一目ちらりと見ただけで「G.H.Bassですよね?」と返してくれた。なんでも10代の時に愛用していたと言うのだ。さすが。

エディに端を発した僕のローファー・オブセッションも、ようやく落ち着きそうである。

c0075562_19363167.jpg


by cherchemidi | 2009-06-02 19:41 | et cetera...
<< l'eau de kyoto F.I.L. KYOTO >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧