Ennui à Roissy 2
c0075562_19121091.jpgc0075562_2025572.jpg
| photo: sk |

(つづき)
皮肉にもロワシーのibisホテルのベッドでは今回のパリ滞在で一番ぐっすりと眠れた。遅延によって再度大きなトランクをもって移動&チェックイン…という無駄な過労と心労のせい。

翌朝は昼まで時間が有り余っていたので、普段あまり用のないCDG ターミナル1へカメラを持って散策へ。無人のシャトルでターミナル1に近づくのは、デススターに吸引されるような感覚を覚える。
かつての経由便や、ANA便を利用した際はこのターミナルに着くのが何より楽しみであった。'70年代の未来像をそのまま作ったような、例えば透明チューブの中のエスカレーターや、オーガニックな壁をくぐるようなトンネルの自動歩道とか、そんなターミナル1の像は昔から頭に焼き付いて離れない。初めて着いた国際空港がこのCDG 1だったというのも、大きな要因だと思う。

c0075562_1995199.jpg
c0075562_19114281.jpg
c0075562_1912656.jpg
c0075562_19112758.jpg

さて、昼前にホテルに戻ると、何気なく、再度遅延のお知らせが貼ってある。なんと飛行機は17時まで飛ばないそうだ。タイヤの交換に加え、ブレーキも交換するという。お願いですから、そんな危ない飛行機に乗らせないでください。

そんな願いが多くの人から募ったのか、ようやく乗り込んだ機内では「この飛行機は昨日より修理をしておりました機体ではなく、本日成田から到着した機体です」とご安心をあおるアナウンスが流れた。機内の全員が24時間以上を空港に閉じ込められ疲弊した同士であるから、それはそれはぐったりしたムードの流れるフライトであったが、それでも僕はカメラを取り出し、その日の美しい夕暮れを記録するのであった。

その直後、パリには雪が降ったときいた。
無事に東京に着いてからCDG空港から出れなかった話をすると、パリの友人からは「雪のせいで?」と返してきた。
写真の雪はロシア上空にて。

c0075562_19141874.jpg
c0075562_19143757.jpg
c0075562_19145589.jpg
c0075562_19152023.jpg

| photo: sk |
by cherchemidi | 2009-02-06 19:39 | et cetera...
<< AIR FRANCE obse... Ennui à Roissy >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧