De Belleville, À Polo Club de Paris
c0075562_12335413.jpg
c0075562_12341842.jpg
c0075562_12343816.jpg

| l'Exposition de visvim, Paris | photo: sk |

今回のファッション・ウィークはいつも会場手配からお手伝いさせてもらっているroargunsの展示会でのお仕事に加え、honeyee.comから編集長も来仏し、フォトグラファーとして取材にも同行中である。
なんといっても昨年の白夜のラップランドからのおつきあいのvisvimが、初めてパリで展示会を開くというのだ。
Belleville周辺の倉庫のようなスペースを完全にvivimの世界観で作り直してしまった会場は圧倒的でさっそく多くの海外のバイヤーやプレスからも注目を集めていた。
詳細はhoneyee.comでのアップまでお待ち頂くとして、とりあえず何枚かのオフショットを。

c0075562_1235566.jpg
c0075562_12353192.jpg
c0075562_12371994.jpg

| la soirée de visvim, Paris | photo: sk |

夜はブローニュの森のど真ん中にある、Polo Club de Parisでパーティがあるという。サロンを貸し切ってのカクテル〜着席スタイルのディナー。
僭越なことに、この会場ではパーティのBGM係としてセレクターもまかされてしまった。さて、普段から一切音楽の流れていないショップや展示会場の visvimの世界観を崩さない音楽とは何なのだろう…、そもそもデザイナーの中村氏はどんな音楽を聴いているんだろうか…、と悩みながら、結局のところスーパー・スノッブで“ラ・クラス”なその場の空気に飲まれ、MacBook Airに詰め込んだフレンチやサウンドトラックの音源をセレクトしてみた。
フランシス・レイやミシェル・ルグランのサウンドトラックがこのサロンにはまり過ぎるのは言うまでもなく(レストランのおじさんも反応するほどに…ww)、あるいはバカラックの「カジノ・ロワイヤル」(新しい007のじゃないですよ)などは、この会場を完全に現代のパリから切り離してくれた。
自分も席に着かせていただいた段階からは、ステファン・グラッペリにジャンゴ・ラインハルトと、もはや選曲というよりサロンで流れているBGMとしか思えない音楽をかけっぱなしにしたまま、鈴木編集長曰く「ちゃっかりと」すばらしく贅沢なディナーの時間を共有させて頂いた。
もちろん選曲とディナーの間をぬって、撮影の任務もなんとかこなしましたので…、詳細はhoneyee.comでのレポートをお待ちください。

「完璧」を貫いたパリでの展示会も素晴らしかったのだけれど、さらにそのレセプション・パーティといって、クラブで飲んで騒ぐわけでもなく、普通にはあり得ないほどのシチュエーションでのディナーに招待する…というのは、いかにもvisvim、中村氏のスマートさを端的に表しているように思った。(こういった姿勢ってどこかに似ているな…と思ったけれど、それ以上書くのはおそれおおいので、ここまでにしておく)
by cherchemidi | 2009-01-25 12:59 | à la mode
<< Photo du Jour Photo du Jour >>



par 梶野彰一
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
monologue
photo
à la mode
de la musique
j'aime le cinema
et cetera...
Qui est vous, Shoichi Kajino?
mailto: atelier (at) lappareil-photo.com

casinodeparisをフォローしましょう
140 caractères "maintenant"
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧